あなたの借金問題をズバリ解決!

女性弁護士
「借金返済」どうすれば・・・・・・

と悩んでいませんか?

でも、もう大丈夫!

なぜなら、あなたはこのサイトへたどり着いたからです。

今、たとえあなたはがどれだけ借金返済に苦しんでいたとしても、このサイトの情報を活かすことで、必ず解決の道が見えてきます。

あなたがいま借金地獄に陥っていても問題ありません。

どうでしょう。
もし、テレビゲームのように、初めからやり直すことができるリセットボタンがあったとしたら。

あなたの借金の悩みはスカッと消えてしまいますよね。

まさか・・・と思っておられますか。
実はそんなまさかのリセットボタンがあるのです。
そのリセットボタンとは・・・

「法律」です。

ありがたいことに、この日本には「法律」というものがあります。
借金返済で苦しんでいるのなら、この法律を駆使することができます。
最悪の状態から抜け出すことができるのです。

今すぐ無料診断や無料相談したい場合は、
下のバナーをタップ。
次に、あなたの状況を入力。
すると、あなたに最適な相談先が見つかり、無料で相談ができます。
↓↓↓

でも、それって、
解決するのにお金がいるんじゃないの?

phm11_0593-sと、あなたは思っているはず。

お察しの通りです。
弁護士や司法書士に借金問題を解決してもらうとなると、それなりのお金が必要です。

あなたは、「お金を払う余裕があれば悩んでないよ!」と思っているかもしれませんね。

しかし、ご安心ください。

弁護士や司法書士は、あなたが「お金がないから相談に来ている」ということを十分理解しています。

大切なことなのでもう一度言います。

弁護士や司法書士は、あなたのことを十分に理解してくれています。

そのため、相談に行くと、弁護士や司法書士に必要な費用も全部ひっくるめて、無理のない借金返済方法を考えてくれます。

考えて見てください。
弁護士や司法書士はヤクザではありませんよ。
臓器を売ってお金を作れ、なんて言いません(笑)。

それどころか、あなたの必ず助けに必ずなってくれる法律のプロです。
まずは相談してみることが大切です。

ただ、ひとつ注意点があります。

相談と言っても、
どこに相談しても同じではありません。

叫ぶ女性

なぜなら、借金問題の解決に強い弱いというのがあるからです。
どこに相談しても結果は同じではありません。

同じ相談するなら、より、あなたの負担を軽くしてくれるところに相談をしましょう。

どこの事務所に相談したらいいの?という人はこちら!

自分の債務状況にピッタリな事務所を探すには「街角相談所-法律-」を利用するのが近道です。

あなたの「借入状況」や「ご住所」を考慮し、適切な事務所を割り出してくれます。

また、債務整理に関する疑問点などを記入すると無料で答えてくれます。【完全無料】

(解決事例も掲載!)

 

成功と失敗の差、それは知っているか知らないかの差!

喜ぶ女性

当サイトでは、借金返済で困ったときの数々の解決方法をご紹介します。

人生は、「知っている」か「知らない」か、ただ、それだけの違いで大きな差ができてしまうもの。
当サイトに訪れることができたあなたはラッキーです。
当サイトの情報を得てそれを行動に移せば、まるでゲームのリセットボタンを押したように新たな道が開けてくるでしょう。

・債務整理のQ&A

・任意整理のQ&A

・個人再生のQ&A

・自己破産のQ&A

・債務整理手続きに必要な時間は?

・債務整理手続後の返済期間は?

・自己破産のデメリットは?

・自己破産のメリットは?

・多額でも自己破産できる?

・数十万円でも自己破産できる?

・借金を放置するとどうなる?

返済が難しくなったときの借金返済方法(初期症状の場合)

人生はいろいろなことが起こります。

最初は返済できると思っていた借金も、途中で返済が難しくなってしまうということが起こっても、何ら不思議ではありません。

そこで大切なのは、そうなってしまった時の対応の仕方です。

では、実際に返済が難しくなったときに借金返済はどうすれば良いのでしょうか?

多重債務に陥っていない、比較的問題レベルが軽い場合は、利用しているカードローン会社に連絡を入れるようにしましょう。

その時に、正直な事情をお話すれば、「返済をしばらく待ってくれたり」「利息のみの入金でしばらくは良い」というような柔軟な対応をしてくれる場合があります。
仕事を辞めてしまったら「無職になってしまって返済の目途がつかない」と正直に伝えるわけです。

しかし・・・

カードローン会社は、あなたに「過払い金」があっても教えてはくれません。
なぜでしょうか。
それは、払い過ぎた金利を親切に返していたのでは、倒産してしまうからです。

なので、「もしかして過払い金があるかも?」
と少しでも思うようであれば、まずは、弁護士や司法書士に相談すべきです。

過払い金などがあるかどうかは、こちらのサービスを利用すると無料で調べてもらうことが可能です。

一番悪いのは返済が遅れているにも関わらず、そのまま放置していることです。

その場合は、督促の電話も何度もきます。自宅に手紙が届いたり職場に電話がかかってくることもあります。

そうならないように、返済が難しい場合は事前に連絡をしておけば、そのようなことにはなりません。

まずは、借り入れした会社へ相談してみることですが、そんな軽いレベルではないという場合は、法律を活用した借金返済方法を活用しましょう。

 

法律を活用した借金返済方法(末期症状の場合)

多重債務に苦しむ

多重債務になっていませんか?

ここでは、多重債務を解決する方法をご紹介します。

借金を返済するために更に借金をくり返してしまうと、よほどのことがない限り、人生は好転していきません。

むしろ時間の経過とともに、借金は膨らんでいき、ますます困っていくという結果になる人が多いのです。

そこで、そうならないためのやり方を今からお伝えします。

それは、「債務整理」です。

債務整理とは、「任意整理」や「個人再生」、「自己破産」などの手続きの総称のことを言います。

債務整理を行うことの最も大きなメリットは、借金の返済から追われる日々から脱出することが出来るということです。

たとえば、中にはこんな喜ばしいケースもあります。

「自己破産か・・・」と自己破産を覚悟をしていたFさん。
借金の無料相談を受けることにしました。
結果、自己破産どころか、払い過ぎたお金があることがわかりました。
もどってきたのは、なんと250万円以上。

これは、嘘のような本当の話です。

このように「債務整理」により、人生が好転していく人が少なくありません。

借金を返済するために借金を繰り返すという多重債務者となっている場合には非常に有効な手段と言えます。

お金が戻ってくる、とまでは行かなくても、債務整理をすることによって、借金額そのものを減らすことが出来たり、毎月の返済額を減らせる可能性があるのです。

まず、司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談してみることが、借金問題の突破口を開くスタートです。

何も行動に移さなければ、何も生まれません。
それどころか、事態はますます悪化していくでしょう。
今すぐ勇気をもって、相談して見ましょう。

「街角相談所-法律-って何?」「もっと詳しく知りたい」という人はこちら!

メリットが多いのが「任意整理」

借金完済よろこぶ

債務整理の中で、メリットが多いとされているのが、「任意整理」です。

任意整理は他の手続きのように官報に記載されることはありません。
裁判所での手続きがなく和解することが可能です。
負担が少なくてすむわけですね。

和解が成立した場合には、金利を支払う必要がなくなります。
つまり、借金の総額と毎月の返済額を減らすことができるのです。

借金全額ではなく、一部の借金だけを選択して手続きを行うことも可能です。

さらに、過払い金が発生していたという場合には、払い過ぎた分を回収することが出来ます。

和解交渉は弁護士や司法書士が代理人となり行います。

しかし、任意整理するには条件があります。
任意整理を行うことができるのは、減額した後の借金を3年程度で完済することができる場合、継続して安定的な収入を得ることができると見込まれている場合です。

任意整理後、約5年間は新たな借入、クレジットカードやローンの利用は制限されますので注意が必要です。

任意整理を更に詳しく

 

便利な借金返済方法

消費者金融等への借金返済の方法ですが、一番便利なのがインターネット返済です。

この返済のメリットとしては、指定のネットバンクの口座開設が必要ですが、いつでもどこでも返済をすることができることです。

通常ならATMにいくのが面倒、銀行振り込みも手数料がかかるなどがあります。

その点ネットバンクを利用すると振込手数料が不要なケースもあったり、インターネットからなので自宅からはパソコンで、外出先からは携帯電話やスマートフォンを使って24時間返済することもできるわけです。
返済期日になってATMに駆け込んでぎりぎり間に合ったなど、焦らなくてもインターネット返済は時間に余裕をもってすることができます。

そして、ホームページから会員ログインすることで、次回の支払期日や残高、返済金額などを確認することができます。

 

借金返済と法律

国会と法律

借金を賢く返済するには法律を知っておかなければいけません。
そこで、ここでは貸金業法について解説します。

消費者金融などからの借入については、平成22年6月に制定された「貸金業法」という法律が適用されます。

借入に際しては、総量規制によって年収の3分の1が借入限度額になり、金利については「利息制限法」によって上限が決定しました。

新しい制度では借入額が10万円までは年利20%、10万円から100万円までは18%、それ以上については15%となっています。

貸金業法が改正される前までは、出資法の上限金利「29%」を取り入れている消費者金融業者もあり、いわゆるグレーゾーン問題が話題になったのはご存知の通り。

そういうわけで平成22年6月を境として出資法の上限金利を適用している業者から継続している返済については、引き直しと呼ばれる計算により過払い金の清算が行われています。

それから指定の返済日に借入金の返済が行われない場合には、遅延損害金が発生します。

利息制限法では、遅延損害金について上限金利の1.46倍までを請求できることを規定していますが、一般的には、貸付金利と同額になっているところが多くなっています。

このように、借金返済に関連する幾つかの法律が存在することを把握しておくようにしましょう。

さらに、返済の記録も大切です。

いつ、どこで、いくら支払ったかをはっきりさせるための振込み記録の保管を忘れずに行ってください。

これらをきちんと整理して、後日支払記録を見てみましょう。
いかに多くの利息を支払っていたのかわかると同時に、金融業者が儲かる理由もよくわかると思います。

「金融業者を儲けさせるために働いているなんてバカらしい」、と痛感できた人は良い方向へ人生が代わって行くでしょう。

 

返済計画書を作ろう!

計画して脱出

返済計画書を作ることの最大のメリットは、自分自身が借金の返済に対し真正面から向き合うことができることにあります。

人間は嫌なことや不安なことに背を向けたがりますが、背を向けず、返済計画書を作ろうとするエネルギーがあれば、必ず借金を返済することができるでしょう。

さて、肝心の返済計画書の作り方についてご説明します。

まず、ノートとペンを用意しましょう。
そしてすべての借金をノートに書き出します。
そうです。
消費者金融やカードローン、あるいは友人など全ての借金です。

ここで大切なのが、借金返済の優先順位を付けていくことです。

優先順位については単に金利が高いということだけではなく、返済方法によってトータルの利息額が大きくなるものを最優先とします。

これをする結果、借金をした際の約定書を再確認することになり、より効率的な返済が行われることになるでしょう。

さらに、返済計画書は随時修正できることを認識してください。

予定していた入金がズレたり、緊急な出費があった場合にはその時点で計画書の修正を行います。

計画通りに行かなければ直ぐに計画書を作りかえればよいという場当たり的な発想になるか、緊急事態という不可抗力な理由で計画書を変更できるという余裕に繋がるかは、すべて貴方しだい。

また、計画書をどれくらいのスパーンで作るかについても内容は大きく異なります。

それから、極端な計画はほとんどが失敗に終わるということも覚えておきましょう。
たとえば、この10日間は返済に重点を置くため、インスタントラーメンだけで過ごす、などという極端な計画のことです。

何のための計画書なのかをしっかり認識して、貴方のライフスタイルに合った返済計画書を作ることが何より大切なことになります。

善は急げ。さっそく「すべての借金を書き出し」そして「優先順位」をつけてみましょう。

 

借金返済のための借金はなぜダメか?

借金返済のために絶対にしてはいけないことは、「借金返済のための借金」です。

あなたは、新しい借入により現在の借入先の借金が無くなれば、プラスマイナス0になり問題がなくなると考えてはいませんか?

現実はそう甘くありません。

個人信用情報機関では、短期間に何ヶ所もの借入返済を繰り返すと要注意人物となるからです。

従って、2回目ないし3回目の借入条件は、最初に借入をした消費者金融よりも悪くなるのが普通。

始めの借金が返せないのに、さらに金利が高くなるような悪条件では、先行きは推して知るべしというところでしょう。

また、一般的な借金をするには、相手に対し、生活費や医療費などというお金の使用目的を告げます。

特に使う予定はないけれど一応手元に置いておきたいなどという理由ではお金を貸せないことになります。

中でも借金の返済という使途が融資対象外になっているのは、このことが、いわゆる自転車操業のきっかけになりやすいからなのです。

低金利と使途不問を謳い文句にしているような悪質なヤミ金に引っかかってしまうのも、このようなタイミングが多いです。

その他、借金返済のために夜間のアルバイトなどを考えている人も注意が必要です。

通常のライフタイルが崩れて借金を返す前に体を壊すようなことにもなり兼ねません。

このように、借金返済に対し無理をすることは決してよい結果に繋がりません。

とにかく、コツコツ地道に返済を続けていくことが返済の王道であることを認識するほかはありません。

もし、コツコツなんてレベルでは到底返済できない、自殺するしかない、と考えるレベルであれば、逆に合法的に借金問題を解決できる方法もあります。

 

借金返済の心構えについて

スポーツでも仕事でも、何をするにも大切なのは心構え。借金の返済も同じです。

将棋の世界でよく使われる言葉に「最善手」があります。

それぞれの局面において勝つためにもっとも有効と思われる指し手のことを言いますが、プロといえども常に最善手を打つことは至難のわざといわれています。

借金返済の心構えについてもまったく同じことがいえそうです。
特にピンチのときの指し手は、その勝負を左右することになります。

ただ、最善手が打てないからといって落ち込む必要はありません。
2番目の有効手、また、3番目や4番目の有効手でも充分であるケースが少なくないからです。

しかし、絶対に最悪手を打たないことが必須条件になります。

金利が高くてもヤミ金から借りて何とかしよう、返済するお金が足りないから競馬で一発逆転の勝負をしよう、どうせ返せないから逃げ出そうなどは、最悪手中の最悪手です。

借金に悩んでいる人は精神的に追い込まれてしまうため、自分や借金に対して客観的に見直すという余裕がないため、正しい判断ができなくなくなりがち。

借金地獄を経験した人の体験談には、あの時は、ただどうしようという思いだけが先行して、何の対策も思い浮かばなかったけれど、今になってみればいくらでも方法があった、という声がたくさん届いています。

そのため現在借金にお悩みの方は、借金問題を数多く解決した実績を持つ法律の専門家に相談してみるのが一番確実です。

最近では、「無料相談を行っている法律相談事務所」が増えていますので、まずは無料相談をしてみるとよいでしょう。

どこの事務所に相談したらいいの?

借金返済のヒント

どこの事務所に相談しても同じ結果になるのでしょうか?

いいえ。違います。

実は、手続きを行う事務所により、戻ってくるお金や減額される額は大きく違ってくる場合があります。
弁護士や司法書士の経験や能力によって差がでるのです。

では、あなたが損しないために、どうすれば良いでしょうか?

それは借金問題に強く、しかも、あなたの債務状況に応じた事務所を見つけることです。

そして、その事務所に1日でも早く相談すること。
あなたが不利益にならないためには、これががとても重要です。

以下の「街角相談所-法律-」は、あなたの債務状況、お住まいの地域を考慮し、最適な事務所を割り出してくれます。

↓最適な事務所を探す!

都道府県別 債務整理クチコミ情報

北海道・東北地方
北海道 青森県 秋田県 岩手県 福島県 宮城県 山形県

関東地方
茨城県 神奈川県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 栃木県

中部地方
愛知県 石川県 岐阜県 静岡県 富山県 長野県 新潟県 福井県 山梨県

近畿地方
大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 兵庫県 三重県 和歌山県

中国地方
岡山県 島根県 鳥取県 広島県 山口県

四国地方
愛媛県 高知県 香川県 徳島県

九州・沖縄地方
大分県 鹿児島県 熊本県 佐賀県 長崎県 福岡県 宮崎県 沖縄県

このページの先頭へ