男性電話
アース法律事務所に債務整理の相談をしてみました。
電話代は無料。
相談料も無料でした。

弁護士事務所に相談の電話。
ドキドキ。
どんなやり取りをすることになるのでしょうか・・・
何を質問されるのでしょうか・・・

以下で、詳細に私の相談の内容をご紹介します。

↓相談したのはコチラの法律事務所

●債務整理の相談窓口:0120-292-484(通話料無料)

わたしがアース法律事務に相談した理由は、収入が減ってしまったからです。

もう返済をするのは限界かな?
債務整理をして、再出発をしたほうが良いかな?
と考えるようになりました。

でも、たくさんの法律事務所の中で、どこを選べば良いのでしょう。
正直、判断がつきません。

そこで、自分なりに、ネットで調べてみたうえで、この法律事務所はどうだろうかと思い、無料の電話相談をしてみました。

それが、東京都港区新橋にある、アース法律事務所です。
ここでは、その時の体験談をお話しします。

また、アース法律事務所と、その他の債務整理を取り扱う法律事務所を比較してみましたので、参考にして下さい。

1.アース法律事務所に電話で債務整理の相談をしてみました

ある日の夕方、アース法律事務所に電話をしました。
借金返済の相談(無料)です。
フリーダイヤル 0120-292-484 なので、電話代もかかりません。

事務所アース法律事務所
はい。アース法律事務所です。

男性の方が、応対してくれました。

電話をするわたし
すみません。インターネットでホームページを見て、法律相談をさせていただきたいとお電話しました。
事務所アース法律事務所
ありがとうございます。どのようなご相談内容になりますか?
電話をするわたし
債務整理の相談なのですが。
事務所アース法律事務所
わかりました。少々、お待ちください。

電話から、ゆったりとした、ピアノの音楽が流れてきました。30秒くらい待たされました。

丁寧に事情を聞き取ってくれた

事務所アース法律事務所
お待たせいたしました。アース法律事務所のMと申します。

と、先ほどの男性の方です。

電話をするわたし
よろしく御願いします。債務整理の相談なのですが。
事務所アース法律事務所
承知しました。まず、債務の内容を教えて下さい。借入先と金額、それから毎月の支払額を教えてくださいますか。
電話をするわたし
3社あります。A社が約20万円で、月1万円の返済です。B社は約5万円で、月約5千円の返済です。C社は約290万円で、月約4万円の返済です。
事務所アース法律事務所
トータルで、約315万円の債務で、毎月5万5千円を支払っているのですね。それぞれ、いつころから借りていますか?
電話をするわたし
全て同じ、平成16(2004年)ころからです。
事務所アース法律事務所
あー。長いですね。現在、滞納されているのですか?
電話をするわたし
いいえ。何とか頑張って支払っています。
事務所アース法律事務所
C社は、金額がとても多いですが、これはどういった借り入れですか?
電話をするわたし
C社は、もともとは、キャッシングをしていたのですが、途中で、車のローンを組みました。ほとんどは車のローンです。
事務所アース法律事務所
車のローンですか。今、その車はお持ちですか?
電話をするわたし
はい。あります。
事務所アース法律事務所
車の名義は、車の販売店でしょうか?それとも、御自身の名義ですか?
電話をするわたし
私名義です。
事務所アース法律事務所
車の名義が販売店のままのときは、車を引き上げてもらう代わりに、債務額を減らすことができる場合があるので、お聞きしました。おおよその状況は、わかりました。これまでは返済されていたということですから、今回、債務整理をしたいと考えられた理由はなんでしょうか?
電話をするわたし
恥ずかしながら、給与の手取りがとても少なくなって、手取りの大部分を家賃と返済にとられてしまっています。もう我慢も限界かと思いまして。

私の場合は、任意整理だけでは効果が薄いと判明

事務所アース法律事務所
承知しました。今、お伺いしたことを前提に、少々、説明させてください。
電話をするわたし
御願いします。
事務所アース法律事務所
債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生という3つの方法があります。
任意整理というのは、弁護士が間に入って債権者と交渉をする話し合いです。
多くの場合は、残債務を最長5年払い程度で分割返済することになります。
あくまでも債権者の同意が必要なので、必ずうまくいくという保証はありません。
ただ、これまできちんと返済をされていたという実績があれば、通常は、同意してくれます。
電話をするわたし
それでは、私の場合は、大丈夫そうですか?
事務所アース法律事務所
ただ、315万円という債務総額で60回払いですと、毎月の支払額は5万2千500円ということになります。
現在の月5万5千円と大差ありません。
任意整理だけでは解決にはならないように思えます。
電話をするわたし
ああ、なるほど。
事務所アース法律事務所
ただ、きちんと返済されていたということですから、過払い金返還請求権が発生している可能性があります。
これは、調べてみなければわかりません。
もしも、過払い金返還請求権が発生していれば、その過払い金を取り戻して、返済にあてることができます。
電話をするわたし
過払い金があることになると、車のローンも過払いになっている場合もありますか?
事務所アース法律事務所
いいえ。
車のローンに関しては、利息制限法を超えた利率となっていることは、まずありません。
過払い金返還請求がある可能性があるのは、A社とB社ですね。
電話をするわたし
それは、すぐに分かるものなのですか。
事務所アース法律事務所
弁護士が、債務整理を受任すると、債権者に取引の経過を記載した記録を送るよう要求できます。
この取引記録をもとに計算することで、過払い金があるかどうかわかります。
御相談の内容では、過払い金があれば、A社とB社から返還を受けて、C社の自動車ローンの返済に充てることができます。
それで残った残債務について、分割弁済の任意整理を行うことになりそうです。

個人再生の検討も教えてくれた

電話をするわたし
過払い金がなかったときは、どうなりますか?
事務所アース法律事務所
そうですね。過払い金がない場合は、御相談のケースでは、任意整理だけですと、毎月の返済額がほとんど減らないので、意味がないですね。
そうしますと、個人再生を検討することになると思います。
個人再生を利用できれば、315万円の債務を100万円まで圧縮できることもあります。

個人再生手続を利用できるかどうかは、細かいな事情を、非常に詳しく調査しなくては判明しないので、電話相談だけでは方向性を示すことは難しいということでした。

Mさんは、自己破産の手続、個人再生の「小規模個人再生」と「給与所得者再生」の違いについて丁寧に説明してくれました。

しかも、私の場合、債務額の大部分が、C社1社になるため、小規模個人再生はお勧めできないとのことでした。
小規模個人再生では、債権額の半分を占める債権者が反対すると再生計画が認めてもらえないからだそうです。

さらに、給与所得者再生を利用する場合は、可処分所得の2年分を原則3年間で返済することになるということです。

仮に可処分所得が年間60万円の場合は、約120万円を、月約3万3千円の36回分割払いすることになるなど、とても細かいところまで説明をしてくれました。

地方にいる連帯保証人についても受任は可能とのこと

事務所アース法律事務所
ところで、C社のローンは、連帯保証人はいますか?
電話をするわたし
はい。田舎の父が、連帯保証人になっています。
事務所アース法律事務所
個人再生を利用した場合、連帯保証人には請求がいってしまいます。
個人再生で、債務額が減っても、連帯保証人の責任が減額されるわけではありません。
電話をするわたし
その場合、連帯保証人である父も、債務整理をするということになりますか?
事務所アース法律事務所
連帯保証人の方に、とくに財産がなければ、もう自己破産してしまうという手もありますが。
電話をするわたし
田舎の実家の家と土地が父のものです。
事務所アース法律事務所
自己破産をしますと家と土地を手放さなければなくなりなりますから、自己破産はできませんね。
お父様は、おいくつですか?
電話をするわたし
もう90歳近いのですが。
事務所アース法律事務所
それでは、個人再生という手も難しいかと思います。任意整理で、分割払いの交渉をすることになります。
電話をするわたし
アース法律事務所の先生が、父の任意整理もやってくださるのでしょうか?
父は、東北のS市にいるのですが・・・
事務所アース法律事務所
もちろん、受任することができます。
ただし、弁護士は、原則として債務者ご本人と直接に会って面談しなければいけないルールがあります。
お父様は、外出はできますか?
電話をするわたし
はい。寝たきりではありません。
事務所アース法律事務所
それでしたら、例えば新幹線の駅など、最寄りの駅までおいでいただいて、そこで弁護士と直接面談していただくという方法が取れます。
弁護士が、その地方に出張する機会などを利用して日程を調整させていただけます。
電話をするわたし
家まで来ていただくというのは難しいですか?
もちろん、別途の経費はかかると思いますが。
事務所アース法律事務所
不可能ではありませんが、別途の費用をいただく場合があるかもしれません。
ケースバイケースですので、御相談のうえということになります。

弁護士費用は、毎月の返済原資の中から分割払いする

電話をするわたし
弁護士費用なのですが、分割払いや、後払いというのはできるのでしょうか?
事務所アース法律事務所
分割払いは可能ですが、後払いというのは、ちょっと違います。
と申しますのは、任意整理を行う場合、毎月の収入から返済に充てることができる金額を、受任後から弁護士の口座に入金し始めていただきます。
例えば、毎月5万円を返済に回せるということであれば、受任直後から、毎月5万円を弁護士の預かり金口座に入れていただくということです。
任意整理の交渉は、何ヶ月かかりますので、仮に弁護士費用が10万円の場合は、当初の2ヶ月分は、弁護士費用に充てさせていただきます。
それ以後の毎月の支払額が、債権者に対する返済に充てる費用となります。
後払いということになりますと、任意整理で毎月の返済額を決めても、その後、毎月の返済に、さらに弁護士費用の返済が加わることになってしまいます。
それでは、月々の返済に無理が生じてしまいます。
ですので、弁護士費用を含めて毎月の返済額を検討してもらうという方法をとっているのです。

債務整理の法律相談は無料

電話をするわたし
とてもよくわかりました。
また、相談にのっていただきたいのですが、次も無料相談をしていだけるのですか?
事務所アース法律事務所
ご安心下さい。
債務整理の電話相談は、何度でも無料です。
電話をするわたし
お伺いして、面談して法律相談にのっていただくときは、無料となるのは、最初の一回目だけですか?
事務所アース法律事務所
債務整理の無料相談は、何回まで無料と明確に回数制限を設けてはいません。
非常識に多くを要求されても困りますが、必要があれば、複数回でも無料相談に応じます。
電話をするわたし
常識的な範囲内であれば大丈夫ということですか?
事務所アース法律事務所
そうですね。
電話をするわたし
事務所での債務整理の相談は平日のみですか?
事務所アース法律事務所
原則は、平日ですが、前もって予約していただければ、土日でも対応可能です。
御相談下さい。

とても親切で、スタッフの知識も豊富な好印象

いきなりの電話相談にもかかわらず、非常に丁寧に内容を聞いて下さり、それぞれの債務整理方法についても、きちんと数字をあげて中身を解説してくれました。

債務整理を行うと、信用情報機関のブラックリストに登録され、新規の借り入れができなくなるデメリットや、ギャンブルや浪費による債務は、自己破産しても免責されないリスクがあることも説明してくれました。

時間にして、約40分も!熱心に相談にのっていただき、感激しました。

相談の最後に、一応、私の名前は聞かれました。

しかし、それ以外の住所、職業、生年月日などの個人情報については一切、尋ねられることはなかったです。

しかも、「また、いつでも気軽に相談の電話をかけてください。」と言って下さり、とても安心できました。

応対して下さったのは、Mさんという男性スタッフで、残念ながら、弁護士ではありませんでした。

しかし、何の予約もない、いきなりの相談の電話でしたし、アース法律事務所は、弁護士1名の個人事務所ですので、これは仕方がないと思います。

むしろ、スタッフの方も、しっかりとした知識をお持ちでしたし、長い時間、非常に親切、丁寧、明快に対応していただいたことが、とても好印象でした。

●債務整理の相談窓口:0120-292-484(通話料無料)
スマホから今すぐ電話する

 

2.アース法律事務所は債務整理に強いか、実績を調べてみた

アース法律事務所は、河東宗文弁護士が主宰する弁護士1名の個人事務所です。

多くの弁護士が在籍する大手事務所のように、債務整理事件を大量に受任して処理するというタイプではありません。

債務整理は、相談実績約6,000件以上、受任件数3,500件以上!

ところが、アース法律事務所の債務整理の実績は、通算で相談実績約6,000件以上、受任件数3,500以上の実績があると、河東弁護士自身が述べておられます。

そこで、アース法律事務所の河東宗文弁護士について、ネットの情報を調べてみました。

河東弁護士の経歴は、次のとおりです。

1954(昭和29)年生まれ。
1979(昭和54)年、中央大学法学部を卒業。
1982(昭和57)年、中央大学大学院・法学研究科・民事法専攻・博士前期課程修了。
1984(昭和59)年、司法研修所入所(38期)
1986(昭和61)年、福岡地方裁判所裁判官(判事補)
1989(平成元)年、東京弁護士会 弁護士登録(登録番号21346)

河東弁護士は、中央大学大学院では、民事法専攻の博士課程を修了されています。
また、裁判時代に、九州予防接種訴訟を担当されていたということです。
したがって、もともと民事裁判官であったと思われます。

裁判官であったから、債務整理に強いとは直ちには言えないはず

しかし、裁判官としての職務年数は、3年間と短いです。
その在職期間中に、破産事件を担当されていたかどうかは不明です。

また、裁判官としての在職当時は、現在のような多数の債務整理事件や破産事件が裁判所に持ち込まれることはなかった時代です。

個人再生という制度も存在していませんし、過払い金返還請求事件も存在していません。

したがって、元裁判官であったから、債務整理事件に強いという評価の仕方や、口コミは、ちょっと違うと思います。

債務整理の実績は、弁護士経験の長さ、豊富さから裏付けられている

しかし、河東弁護士の弁護士としての活動は、既に、30年以上になります。

十分な活動実績と言えますし、3500件以上を受任という話も頷くことができます。

しかも、後にも書きますが、弁護士としては、非常に優れた活動実績を持っており、社会的な信頼を証明する地位を得ています。

また、各種の共著書のほかに、債権債務関係の書籍の監修もされています。

「たかが金で死ぬな迷うな失うな!」(石川和夫著・アートアンドブレーン・2011年12月出版)の監修です。

この書籍は、「借金に関る債権・債務の処理や整理に関するコンサルテーション、そして事業の再生に取り組む著者が、お金にまつわる危機を乗り越えた人々の事例を紹介。

抱えてしまった不良債権を合法的に解消するための方法を解説する」(目黒区立図書館の蔵書検索から引用)というものです。

河東弁護士は、もともと民事法を研究され、民事裁判官の経験もあり、債権債務関係の書籍の監修もしているわけです。

当然、債権債務関係には強いとみて良いでしょう。

3.アース法律事務所に悪い口コミがないかネットで探してみた

ネットの「弁護士懲戒処分検索センター」(http://shyster.sakura.ne.jp/)で検索しましたが、河東宗文弁護士が懲戒を受けたという事実はありませんでした。

それどころか、河東弁護士は、東京地方裁判所鑑定委員、東京簡易裁判所民事調停委員、東京都公害審査会委員を歴任しています。

これらの裁判所や自治体での委員としての職務は、弁護士会の推薦を得て、裁判所の審査や都議会の承認をクリアしなくては就任できません。

もちろん、懲戒などの非行歴があれば就任できません。

河東弁護士は、この面でも非常に信頼できる方と判断できます。

また、河東弁護士は、聖学院大学や中央大学での講師の経験もあります。

著書も、次のような共著があります。

・「身近な生活・環境のトラブル解決の知識とQ&A」(法学書院)
・「都市政策フォーラムブックレット・景観形成とまちづくり」(公人の友社)
・「実例解説・行政関係事件訴訟:最新重要行政関係事件実務研究2」(青林書院)

以上のような活動は、河東弁護士が、法曹界で、十分な実績と経験を持ち、高い評価と、多くの人脈を得ている、優秀な弁護士であることを示していると思います。

4.アース法律事務所の費用は高いか安いかを調べてみた

河東弁護士が、これだけ優秀な弁護士だとすると、アース法律事務所の弁護士費用は、高いのではないかと不安になります。

そこで、多くの債務整理を受任しているという大手法律事務所であるアディーレ法律事務所の料金と比較してみました。

なお、あくまでも両法律事務所のサイトに掲載されている料金です。

任意整理の
費用
アース
法律事務所
アディーレ
法律事務所
着手金 1社あたり
2万1600円
(税込)
1社あたり
4万3200円
(税込)※
解決報酬金 1社あたり
2万1600円
(税込)
1社あたり
1万0800円
(税込)
減額報酬金 減額した金額の
10.8%(税込)
減額した金額の
10.8%(税込)

※依頼段階で、過払い金の返還請求が見込まれる案件は、1社あたり1万0800円(税込)

任意整理の費用では、アース法律事務所の方が、着手金と解決報酬金の総額で、1社あたり1万0800円(税込)安いことがわかります。

債権者が5社であれば、5万4000円(税込)の違いとなってきます。

過払い金返還請求
の費用
アース
法律事務所
アディーレ
法律事務所
着手金
(返済中の業者)
無料 1社あたり
1万0800円
(税込)
着手金
(完済した業者)
無料 無料
報酬金 返還額の21.6%
(税込)から(任意の場合と訴訟の場合により異なる)
交渉の場合
21.6%(税込)訴訟場合
27%(税込)

過払い金返還請求の場合、返済途中の業者については、アディーレ法律事務所は、1社1万0800円(税込)かかるのに、アース法律事務所は無料です。

過払い金報酬金について、アース法律事務所では、返還額の21.6%(税込)から、となっていますが、弁護士会の規則で、上限が25%(税込27%)ですから、アディーレ法律事務所と同じと思われます。

個人民事再生
の費用
アース
法律事務所
アディーレ
法律事務所
着手金
(住宅ローン特例なし)
32万4000円
(税込)
41万0400円
(税込)※
着手金
(住宅ローン特例あり)
43万2000円
(税込)
51万8400円
(税込)

※アディーレ法律事務所本支店の所在都道府県以外での申立の場合は、51万8400円(税込)

自己破産
の費用
アース
法律事務所
アディーレ
法律事務所※
同時廃止事件 32万4000円
(税込)
29万1600円
(税込)
少額管財事件 43万2000円
(税込)
41万0400円
(税込)

※アディーレ法律事務所本支店の所在都道府県以外での申立の場合は、47万5200円(税込)

個人再生と自己破産では、大手のアディーレ法律事務所よりも、個人のアース法律事務所のほうが、安いことがわかり、これは意外な結果でした。

アース法律事務所は、河東弁護士の実績と優秀さを考えると、費用面では、とてもリーズナブルな事務所と言えそうです。

5.他の事務所とアース法律事務所を比較してみた

債務整理に関しては、費用だけでなく、地方の債務者にも対応してくれるのか、何回までの法律相談を無料としてくれるのかなど、色々、比較するべき点があると思います。

そこで、アース法律事務所と、他の法律事務所を比較してみました。

ひとつは、アース法律事務所と同様に、ベテランの弁護士が主宰する事務所。

もうひとつは、若手の弁護士が多く在籍する新興の法律事務所です。

  アース
法律事務所
東京ロータス
法律事務所
弁護士法人
アドバンス
債務整理の
実績
相談実績6000件以上、受任実績3500件以上

代表弁護士は、裁判官を経て、1989(平成元)年弁護士登録

事務所設立当初から債務整理に注力し、豊富な実績。代表弁護士は、1969(昭和44)年弁護士登録 2014(平成26)年設立の若い事務所。

代表弁護士は、2008(平成20)年弁護士登録

対応エリア 全国 全国 全国
全国どこでも
無料出張
相談可能 全国各地での無料相談会あり 全国4ヶ所(東京、埼玉、福岡、札幌)に事務所あり
債務整理の
相談料
無料 無料 無料
無料相談
できる回数
必要あれば複数回も可能。 何度でも無料 何度でも無料
分割払い
・後払い
分割払い可能 分割払い可能 分割払い可能
1社だけの
債務整理
可能 可能 可能
土日対応 可能 可能 可能
任意整理の費用 着手金

1件2万円(税抜)

成功報酬金

1件2万円(税抜)

減額報酬金

10%(税抜)

着手金

1件2万円(税抜)

報酬金

1件2万円(税抜)

減額報酬金

10%(税抜)

諸費用1件につき5000円

着手金

1件2万円(税抜)

成功報酬金

1件2万円(税抜)

減額報酬金

10%(税抜)

アース法律事務所では、地方の債務者についても、東京に来られない方は、弁護士が面談にゆくとしています。

ただ、弁護士が地方に出張する機会などにあわせて、新幹線の駅など、主要駅などで面談するというスタイルのようです(電話で相談したときの説明もそのとおりでした)。

弁護士が1名の個人事務所ですので、全国どこでもすぐに行きますというのは無理ですから、これは仕方ないでしょう。

むしろ、そのような限界があることを、正直に説明してくれていることに好感が持てました。

6.アース法律事務所への相談から解決までの流れ

債務整理を、アース法律事務所に相談してから、最終的に解決するまでの流れをまとめてみます。

(1)相談

まず、メールでの相談か、無料の電話相を利用できます。

そのうえで、日時を予約して、弁護士との面談による無料法律相談を受けます。

債務の件数、各金額、毎月の返済額、今後の毎月返済が可能な金額などを弁護士が聴取して、債務整理の方針を決定します。

(2)受任契約と受任通知の発送

方針が決定したら、費用などにつき、十分に弁護士と協議し、理解したうえで、受任契約書を作成して、弁護士との受任契約を結びます。

同時に、弁護士を債務整理の代理人とする委任状を作成し、弁護士に交付してもらいます。

受任契約が成立し、委任状も得られたら、弁護士は、直ちに、債権者に対して、受任した旨の通知(受任通知書)を送付します。

これ以後、貸金業者は、本人に取り立てをすることは禁止されていますので、業者から連絡が来ることはなくなります。

(3)取引履歴の開示と引き直し計算

弁護士は、受任通知と同時に、貸金業者に対して、過去の取引経過の記録(取引履歴)を送付するように要求します。

貸金業者は、これを拒むことはできません。

送付された取引履歴を精査して、利息制限法に定めた利率を超える利息を支払っていた事実があれば、正しい法定利息による計算をします(引き直し計算)。

これによって、正しい残債務額が判明し、過払い金返還請求権の有無もわかります。

(4)過払い金の回収

過払い金があれば、貸金業者に対し、返還請求を行います。応じない場合は、訴訟を提起します。

(5)返済計画の協議と和解交渉

引き直し計算をした残債務を前提に、債務者と協議して、返済計画をつくります。回収できた過払い金があれば、それも返済原資となります。
返済計画が決まったら、債権者と交渉し、合意に達したら、合意書を作成します。

(6)返済計画の実行

合意書の調印を終えたら、債務整理は終了です。あとは、合意書どおりの返済計画を実行します。

7.アース法律事務所の相談方法と依頼時の注意点

相談の方法は

アース法律事務所では、債務整理の無料相談は、メール、電話で受付けています。
メール相談は、いつでも受付OK。
メール相談の窓口はこちら
電話相談は、平日10時から19時までです。
匿名での相談も可能です。
予約により、弁護士と面談して、無料の債務整理相談を受けることもできます。

依頼する際の注意点

弁護士に依頼する際には、どのようなことに注意するべきでしょうか。
ネットでの河東弁護士の発言を調べて、まとめてみました。

・見栄をはらずに、正直に弁護士に話すことが大切。

・相談の前に、債権者の内訳、借入額、毎月の返済額、遅滞の有無などの内容を整理しておくと、相談がスムーズとなる。

・依頼後は、弁護士から指示されたことを優先的におこなうこと。これによって、債務整理が迅速に進む。

・債務整理がうまくゆかないのは、弁護士との連絡が取りづらい債務者。

・債務の総額が少ないほうが、解決の選択肢が増える。返済の原資を、借り入れに頼りはじめたなら、もはや相談するべき。

8.アース法律事務所の基本情報

事務所名:アース法律事務所
所在地:〒105-0004 東京都港区新橋1-17-8 TKK新橋ビル8階
TEL 03-6383-2430
FAX 03-6383-2431
債務整理の相談窓口 0120-292-484(通話料無料)
交通(アクセス):JR新橋駅 都営地下鉄内幸町駅
代表弁護士:河東宗文
所属/登録番号:東京弁護士会 21346番

9.まとめ

アース法律事務所について、まとめてみました。

債務整理を専門に扱う大手の事務所ではなく、弁護士1名の個人事務所ですが、その実績からして、とても信頼できる事務所ではないでしょうか。

実際に、私が電話で相談した際のスタッフとのやり取りも、これを裏付けるものでした。

もしも、あなたも債務整理を考えているなら、 アース法律事務所を候補のひとつに加えてみることが良いかも知れません。

●アース法律事務所【債務整理の相談窓口】
フリーダイヤル:0120-292-484(通話料無料)

→ アース法律事務所【公式】サイトでさらに詳しく