036

 

過払い請求に強い事務所と弱い事務事務所があるのをご存知でしょうか?

そう、事務所により実力が違うのです。

つまり、依頼する事務所により、あなたに戻ってくる過払い金の額が違ってくるということ。

たとえば・・・

実力のある事務所に依頼したら200万円戻ってくるところが、実力のない事務所なら140万円しか戻ってこないことがあるのです。

というわけで、ここでは、どこに依頼したら良いかについて解説します。

弁護士と司法書士のどちらに相談するべきか?

司法書士でも弁護士でも過払い請求の内容は変わりません。

なので、どちらが良いというのはありませんが、金融機関への請求額が140万円を超えると司法書士では取扱うことができないため、初めから弁護士に依頼した方が良いケースも出てきます。

請求額が140万円以下の場合は、司法書士や弁護士という違いよりも、これまでの過払い請求の成功例などを参考に決めていく方が大事です。
ちなみに料金が安いのは司法書士です。

司法書士事務所で過払い請求に強いと言われているのが杉山事務所はたの法務事務所です。

司法書士や弁護士は法律の専門家ですが、法律の専門家と行っても強みにしている分野は異なっているため、過払い請求を積極的に行っているところを選ぶことが大事です。

過払い請求に力を入れている法律の専門家になると過払い請求についての無料相談などを積極的に行っているため、無料相談を受けたところに依頼するというのも一つの手です。

また、依頼する事務所によって過払い請求にかかる費用や期間は大きく異なります。
事前に事務所の評判や実績なども調べておくことが大事です。

過払い請求は自分でもできる?

過払い請求は自分で行うこともできます。
弁護士や司法書士の力を借りずに、自分で金融機関にコンタクトを取ってやり取りするわけです。

しかし、実際には、法律の知識が無いと金融機関も過払い金調査に応じてくれないケースもあることをご存知でしょうか?

そういうことから過払い請求を考える場合は法律の専門家に依頼するのが無難です。

また、仮に自分で過払い請求を進めることができたとしても、手続きが多く書類作成も必要になるので、時間がたくさん必要になり、思うように過払い請求が進まないといったケースも考えられます。