不動産担保ローン

不動産ローンは、どのようなものを選べば良いのか悩みませんか?

オススメなのが、ローン・ご融資おまとめ相談センターです。

なぜオススメなのか。
ここでは、ローン・ご融資おまとめ相談センターを、詳しく調査した結果を紹介します。

そもそも、不動産担保ローンとはどのようなものか…
不動産担保ローンのメリットとデメリットは?

これらの疑問も解決できる記事となっていますので、借金返済に悩んでいる人は必見です!

不動産担保ローンって何?

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保にして金融機関からお金を借り入れすることです。

例えば、持ち家(一戸建て)やマンション、別荘などが不動産担保ローンに使えます。

不動産担保ローンは、ローン・ご融資おまとめ相談センターをはじめ、楽天銀行や東京スター銀行など多くの金融機関で扱われています。

不動産の担保価値だけではなく、借入者の支払い能力などについての審査もあります。
それらを総合的に判断した上で、融資金額などが決定される仕組みになっています。

一般的に無担保融資(カードローンなど)よりも、一度に借りられる額が大きい傾向にあります。
金利がかなり低く長期返済も可能といった特徴があり、まとまったお金が必要だという人の助けになるローンといえるでしょう。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンには以下のようなデメリットがあります。

1・返済できない時は不動産を失う

これは最大のデメリットともいえますが、返済できなくなったら担保にした不動産を失います。

2・不動産の価値は変わる

担保にした不動産の価値が下がる可能性も頭に入れておかなければなりません。

建物や土地は価値が変動しますので、担保にした不動産の価値が極端に下がった場合、追加担保が必要となるケースがあります。

3・解約違約金

不動産担保のような長期に渡る借入をする場合には、中途解約の際には違約金が発生する条件がつくことがあります。

4・諸費用がかかる

無担保融資とは異なり不動産担保ローンの場合には、手数料や登記費用などの諸費用がかかります。

借入先によって不動産担保ローンの諸費用や実費の内容は異なりますので、利用する機関に事前確認しましょう。

不動産担保ローンのメリット

不動産ローンのメリット

不動産ローンのメリットは以下の通りです。

1・低金利で借入できる

不動産担保ローンの場合は、無担保融資よりも低金利であるという点が大きなメリットです。

不動産担保ローンの平均的な金利は10%前後ですが、消費者金融の場合は一般的に17~18%と高いのです。

2・審査が通りやすい

無担保ローンとは異なり不動産担保ローンは、「担保」という武器があるので審査が比較的通りやすいといわれています。

3・本人以外の不動産も担保にできる

本人以外の家族(三親等以内)の不動産を担保にすることもできます。

家族が所有する不動産や共有物件を担保にする際には、所有者または共有者が保証人になる必要があります。

4・保証人は不要

上記で記載した状況を除いて、原則として保証人は不要だという金融業者が大半です。

しかし、保証人は不要でも保証会社がつくことが多いとされています。

5・融資額が高額

一般的な無担保融資では総量規制があるので高額な借入は厳しいですが、不動産担保ローンは担保の価値によって高額な融資が可能となります。

6・長期借入による負担の軽減

借入期間が長期になると毎月の返済額を抑えて計画することができるので、返済の負担軽減に繋がります。

7・用途が自由

不動産担保ローンはフリーローンに分類されるため、融資を受けたお金は原則として使用用途に縛りがありません。

8・借金をまとめることができる

まとまったお金を融資してもらえるので、消費者金融など他社の借金をまとめて返済してしまうことが可能です。

返済の管理が楽になるだけではなく、不動産担保ローンの利用で金利を下げることにより総返済額を減らすことができます。

ローン・ご融資おまとめ相談センター【公式サイト】はコチラ

担保価値の高い不動産・担保価値の低い不動産

担保価値の高いものと低いものを紹介します。

”担保価値とは、その不動産を売却したときに得ることができる対価で、一般の市場価格を基本に不動産価格を算定したものをいいます。”

引用:SBIホールディングス株式会社
「ローン大事典」
https://www.eloan.co.jp/dictionary/topic.php?num=52

<担保価値の高い不動産>

・立地の良い土地
・都心部の区分マンション
・鉄筋コンクリートの建物
・新しく建てた家
・路線価の高い土地

※路線価については、こちらから確認することができます。
参考:国税庁
「路線価図・評価倍率表」
http://www.rosenka.nta.go.jp/

<担保価値の低い不動産>

・学校や公園など公共のものに使用している不動産
・他人との共有不動産
・訴訟中または紛争中の不動産
・買い戻し特約の登記がされている不動産
・飛び地
・土地の形が複雑
・田舎の土地
・農地法の制限がある土地

不動産担保ローンの審査のカラクリ

担保があるからといって、無職や返済能力のない人に簡単にお金を貸してくれるわけではありません。

最低条件として、『安定した収入』がある状態でなければならないのです。
自分の収入で借りられるのかどうか、その目安の一つとして『返済負担率』で確かめるという方法があります。

返済負担率=返済額÷収入×100

例えば、毎月の返済額が10万円で月収が28万円の人がいるとしましょう。
上記の計算式に当てはめてみると、その人の返済負担率は36%となります。
ちなみに、一般的な返済負担率の目安となる指針が以下の通りです。

0%~30%  審査に通る可能性が高い
30%~50% 審査に通る可能性はある
50%~100% 審査に通る可能性が極めて低い

※100%の場合、審査に通る可能性はほぼ無いといえる状況

不動産担保ローンの審査で見られる点

意外に感じる人も多いかもしれませんが、不動産担保ローンも不動産だけではなく申し込みをする人への審査があります。

不動産担保ローンの審査で見られる点をまとめてみました。

安定した収入があるかどうか

無担保ローンと同じく、安定した収入がなければ審査に通るのは厳しいといえます。

ただ、例え収入が少なくても勤続年数が長ければ問題ありません。
不動産担保ローンの審査は、意外とアナログな審査方式になっています。

もしも、あなたの年収が低くて勤続年数が少なくても、家族の誰かが保証人になったり、掛目を落としたりすれば柔軟に対応して貰えます。
ちなみに『掛目』は『かけめ』と読みますが、担保となる財産の評価に対する融資限度の割合のことを差します。

担保掛目は一般的に、70~80%とされていますが、担保掛目が100%の場合もあり金融機関によって異なります。

例えば、1億円の評価の不動産の場合。
銀行が融資するとなれば、1億円丸々貸してくれることは少ないです。
掛目が70%の銀行なら、不動産の評価額の70%にあたる7,000万円の融資が限度額になります。

過去に返済の遅延がないか

カードローンやクレジットカードなどで、過去に返済の遅延があったかどうかは審査で必ず見られます。

審査時には、CICなどの信用情報機関を確認されるので隠すことはできません。
61日以上の返済遅延や、保証会社の代位弁済があったなら審査否決の可能性が高いでしょう。

完済時の年齢はどうか

完済時に高齢だった場合、死亡しているリスク、収入がないリスクが生まれます。
審査時には、その点も見られるということを踏まえておきましょう。

借り入れ件数

不動産担保ローンといえども、複数社から借金がある場合は審査に受かることは厳しいです。

しかし、それは大手銀行や大手ノンバンク(信販会社やクレジット会社)の話。
借り入れ件数が多くても、柔軟に対応してくれる会社があるので安心して下さい。

ローン・ご融資おまとめ相談センターがオススメの理由

ローン・ご融資おまとめ相談

ローン・ご融資おまとめ相談センターは大手銀行や大手ノンバンクとは違い、審査は柔軟に対応してくれます。

多額の借金を抱えて困っている、休職中でどこからも借り入れができないなど、様々な理由で困っている人の助けになることでしょう。

ローン・ご融資おまとめ相談センターがオススメの理由を具体的にまとめてみました。

最長35年の返済期間

カードローンや消費者金融などは、どんなに長くても5年くらいで返済しないといけませんよね。

ローン・ご融資おまとめ相談センターなら、最長35年の返済期間があります。
今とは比べ物にならないくらい毎月の返済が楽になるでしょう。

超低金利

ローン・ご融資おまとめ相談センターは年利3.4%~9.8%です。

アコムやプロミスなどの消費者金融が18%、クレジットカードのリボ払いの年利が15%と考えると、かなり低いことが分かりますね。

金利が低いということは、返済総額も安くなるということです。
毎月の返済額が減る上に返済総額も減るなんて最高ですよね。

共有持分可能

夫婦でお金を出し合った、親や兄弟とお金を出し合ったなど、共有持分となっている不動産でも借り入れすることができます。

抵当権が何番順位でも可

大手ノンバンクや銀行とは違い、ローン・ご融資おまとめ相談センターは抵当権が何番でも可能。
先に、抵当権が入っていても借り入れ可能なのは嬉しいですよね。

不動産担保ローンにしては審査が早い

ローン・ご融資おまとめ相談センターの審査は原則として3日以内となっています。
不動産担保ローンの審査は1週間~2週間かかるのが当たり前なので、こんなに早く審査結果を知れるのは有難いですよね。

ローン・ご融資おまとめ相談センターの運営会社

ローン・ご融資おまとめ相談センターの運営会社の情報です。

運営会社  株式会社
総合マネージメントサービス
所在地 〒103-0027
東京都中央区日本橋3-6-13 アベビルディング3F
アクセス 東京駅から徒歩5分 地下鉄銀座駅・東西線
日本橋駅から徒歩3分
営業時間 平日 9:30~19:00
土曜 10:00~17:00
定休日 日曜・祝祭日
連絡先 TEL 03-5201-3823
FAX 03-5201-3825
創業 1990年3月
設立 2002年3月
業務内容 不動産担保ローンの貸付
不動産の総合ファインナンス
不動産の売買・仲介
不動産のコンサルティング
不動産投資信託
建設・内装

不動産担保ローンを利用せずに借金問題を解決するには?

不動産担保ローンを利用せずに借金問題を速やかに解決するには、債務整理を検討してみると良いでしょう。

あなたの借金状況に応じて弁護士や司法書士が、適切な債務整理の方法を提案してくれます。
債務整理に強い弁護士や司法書士が在籍している多くの事務所では、『無料相談』を受け付けています。

電話だけでなく、気軽にメールで相談することも可能です。
借金を返せない状態が長期続いていれば 、状況は悪化するばかり。

早めに無料相談を利用することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

ローン・ご融資おまとめ相談センターの魅力について、そして不動産担保ローンについて理解を深めることはできましたでしょうか?

不動産担保ローンと聞くと何やら難しいイメージがありますが、理解をして活用すれば効率的に借金返済ができるんです。
不動産を担保にするのは正直恐いなって感じるかもしれませんが、完済できれば手元に返ってくるので大丈夫です。

それでも抵抗があるというならば、債務整理をしてスッキリ借金問題を解決してしまうのも良いでしょう。

 

どの道を選べば良いか迷ったら、まずはローン・ご融資おまとめ相談センターに問い合わせてみると良いでしょう。

ローン・ご融資おまとめ相談センター【公式】はこちら