グレイゾーン金利とは何ですか?

0-68グレイゾーン金利とは、利息制限法の上限金利である20パーセントと、出資法の上限金利である29.2パーセントの間の金利のことを言います。

利息制限法では、元本が10万円未満では年利20パーセント、10万円以上100万円未満では年利18パーセント、100万円以上では年利15パーセントを上限として定めています。

この上限を超えて、利息を付けることはできず、超えた部分については無効となり、支払う必要がありません。

つまり、利息制限法では、最大年利20パーセントとなっており、それ以上の利息を付けることができなくなっています。

一方の出資法では、年利29.2パーセントを超えた利息の契約をした場合には、懲役刑を含む厳しい罰則が規定されています。

利息制限法では、民事上の効力として規定されており、出資法では刑事上の効力として規定されています。

つまり、グレイゾーン金利での利息では、民事上は無効となりますが、刑事罰は課せられない利息になります。

このグレイゾーン金利については平成22年に、出資法の上限金利が20パーセントに引き下げられたため、出資法と利息制限法の上限金利は同じになり無くなりました。

グレイゾーン金利でお金を借りている場合には、過払いとなっている利息分について返還請求することができます。

但し、10年経過後に過払い金の返還請求を行った場合には、時効となってしまい請求できなくなるため、時効前に変換の請求をする必要があります。


→ おすすめ司法書士【無料相談】


→ おすすめ弁護士【無料相談】

このページの先頭へ