茨城県で債務整理【口コミ体験談・おすすめ弁護士&司法書士】

茨城県マップ

茨城県で債務整理 口コミ体験談

性別
債務整理を行った時の年齢 51歳
住所(債務整理を行った都道府県) 茨城県
債務整理を行う前の借金額 7,000万円
債務整理後の借金額 0円

私は、茨城県の北部地域で、かつて従業員を5名抱える電気設備工事会社を経営していた52歳の男性です。

世間ではアベノミクス景気と云われていますが、茨城県北部では景気回復という言葉からはほど遠い状態が続いていました。

それでも、2013年に消費税引き上げを直前に控えた住宅建設ブームには、私の会社もある程度恩恵を受けたのですが、逆に2014年4月以降は増税の影響ですっかり住宅建設市場が冷え切ってしまい、私の会社の受注残高も下落傾向となってしまいました。

さらに私の会社の経営に追い打ちをかけたのが、地価の下落です。東京都心部の地価は上昇しているようですが、今回のアベノミクス景気の効果は東京だけです。

地方の地価の下落は歯止めがかかりません。私の会社は、私が100%株式を保有しているオーナー社長であるため、金融機関から借金をするときは、私の個人資産である住宅や土地を担保にいれて、借金をしていました。また、担保が足りないときは私が連帯保証人となっていました。

しかし、昨年になってからメインバンクから地価が下落しているため、担保割れが起きているため、これ以上運転資金を融資できないと言われてしまったのです。

私の会社のような年間売上高が2億円の会社は、金融機関から運転資金をストップされてしまえば、その時点で倒産してしまいます。私は、何とかこれまで通り融資を継続してほしいと要請しましたが、運転資金向け融資をストップされてしまい、私は会社を破産させることにしました。

それと同時に、会社の借金は連帯保証人である私の借金となり、とても返済できないため私自身も自己破産することを決断しました。借金総額は7000万円です。

このため、私の会社の顧問弁護士に、私の自己破産申し立てを依頼しました。そして、私は生活に必要な最低限の現金を除き、すべての資産を失う代わりに自己破産を認めてもらいました。
 

その他口コミ体験談

苦しんでいたのが嘘のようです
口コミ男性サラリーマン大学を卒業して一流企業に就職したものの、一年でリストラに合ってしまいました。何とか再就職は決まったものの、給料は今までの3分の2まで下がってしまい、家賃や生活費を支払うために消費者金融に手を出したことがきっかけでした。気が付くと自分の返済能力を大きく上回る借金を抱えてしまい、茨城の法律事務所に駆け込みました。先生は親身になって話を聞いてくれましたし、消費者金融との交渉の末、周囲に知られることなく債務整理ができました。今まで借金に苦しんでいたことが今では嘘のようです。
 


債務整理費用は後払いで助かりました
0-72私は茨城県在住なのですが、東京の法務事務所に債務整理をお願いしました。ネットでいろいろと調べてみると地元茨城の法務事務所や法律事務所よりも安くて信頼のおける事務所を見つけたからです。東京の事務所まで足を運ぶことなく手続きできましたし、料金の支払いも後払いだったし、本当に助かりました。
 


任意整理の費用は高かった。でもそれを上回るメリットが
0-62数年前に夫が仕事を突然辞めてしましました。その後の失業手当だけでは住宅ローンも払えず、生活のために複数の消費者金融から借金をしてしまいました。借金はどんどん膨らんでしまい、司法書士事務所に相談することにしました。任意整理という手続きをとってもらいました。計算のし直しや、金融会社を1つにまとめるなどでだいぶ楽になりました。任意整理を行うために費用は必要でしたが、その費用以上にメリットのほうがはるかに大きかったです。
 


思ったよりスムーズ。案ずるより産むが易しでした
口コミ女性1私は茨城で、カフェレストランを自営業でオープンさせました。夫婦ふたりでがんばっていこうと言い合ってはじめたお店ですが、残念なことに倒産しました。自分たちの経営方法が甘かったのだと思います。落ち込んでいると、妻から債務整理をしたほうがいいと言われました。自分でも手続きはできるそうですが、調べると弁護士か司法書士に依頼する方が有利な条件で債務整理ができるとわかり、弁護士に依頼することにしました。最初はどうなることかと少し心配していましたが、思ったよりもスムーズに解決することができました。

あなたの条件にピッタリの事務所を探す方法

茨城県で安くて腕の良い法律の専門家を探しませんか?

以下のサイトは、あなたの借り入れ条件にピッタリの事務所を探すことができるサイトです。匿名で利用することができるサイトなので安心してお使いいただけます。料金は不要です。

↓ くわしくはコチラ!

茨城県での事務所探し、弁護士と司法書士のどちらが良い?

費用が安いのは一般的には司法書士です。これは茨城県でも同じです。では、司法書士の方が安いので良いか、というとそれは違います。弁護士が良いか司法書士が良いかは、人によります

基準は、140万円。

債務整理により、あなたが業者に要求する経済的利益の額が140万円を超えるの場合は、弁護士になります。なぜなら法律上、140万円を超えると司法書士は扱うことができないからです。

ただ、勘違いしてはいけないのは、140万円というのは、貸し金業者1社当たりの金額です。複数者から借りている人は、貸し金業者によってあなたの経済的利益は違うはずよね。また、そもそも債務整理することで得られる経済的利益なんてわからない、という人も多いはず。

ではどうすれば良いのでしょうか?

はい、簡単です。無料で計算してくれたり、相談にのってくれる事務所に問い合わせるだけです。メールでも電話でもOKです。茨城県にも無料で親切に教えてくれる事務所はありますので探してみましょう。

 ↓あなたにピッタリの事務所はこちらで見つかる!

このページの先頭へ