自分で過払い請求して戻ってきたのは18万円。弁護士に依頼しておいた方がもっと良かったかも

自分で過払い請求した場合

この体験談を書いた人

ニックネーム さびすけ
性別 男性
年齢 38歳
住所 群馬県
借金をした金融業者 プロミス、エイワ、他数社
債務整理にかかった費用 2000円程度
行った債務整理 過払い請求

過払い請求でのプロミスとエイワの対応の違い

以前は多重債務者だった私の体験談から、借入から過払金請求までの流れを、消費者金融2社を比較する形で書いていきたいと思います。

数社あった借入先のなかでも比較的知名度のあったプロミスと、対応に特徴的なところが多かったエイワの比較です。

借入までの経緯

一人暮らしをしていた大学時代、軽い気持ちで初めて行ったのがプロミスの無人契約機でした。

受話器を取り、女性の方に丁寧に話をすすめてもらい、運転免許証を機械に置いただけで10万円の枠をもらうことができました。

これが人生初めての借入です。

その後、プロミスに頼りつつの生活が続くわけですが、そんな中、突然私の携帯電話に連絡をして来たのがエイワです。
どこから私の連絡先を入手したのかはわかりませんが、「あなたにお金を貸せます」という内容でした。

さすがに怪しかったので断りましたが、「担当者に会って直接不要と伝えてくれ」で会い、「わざわざ隣の県から来たんだから、少しだけ借りてくれ」で借り、結局10万円、強面の男性に借入させられました。

融資枠増額時の対応

その後トラブルもなくエイワは一旦完済し、プロミスは緊急時に借りてはきちんと返すの安定した借金生活でした。

ここで転機が訪れます。

プロミスから電話があり、「増枠の審査が通りました」との一方的な連絡で、一挙に枠は50万円まで上がります。

それまでは少ない枠をうまく利用していた私でしたが、このプロミスの揺さぶりに負け、気持ちが大きくなり、結果的に一気に借入額を増やす事になります。

一方的な融資枠の増額が、大きな落とし穴になる事を知らない方がいらっしゃると思いますが、間違いなく危険です。
よく、融資可能枠を貯蓄額と同じく考える方がいますが、その方達にとっては突然貯金が増える感覚ですから、気持ちが大きくなるのも当たり前ですね。

私も穴に落ちた1人です。
徐々に借入が増え、気が付けば毎月の返済額を丸々借りる生活、最終的に苦しくなり、とうとう自らエイワに電話する事になります。

いつかのエイワとは対応が全く違いました。

近くの窓口に行き、散々言われ、実家の親に電話させられ、それを盗聴まがいのことまでされ、ようやく契約書を作ってもらいます。

幸いといいますか、不幸にもといいますか、以前完済の履歴はあるので枠は甘めの設定でした。

滞納の日々を乗り越えて返済まで

当然滞納を繰り返すようになります。
ここでも2社の対応は全く違うものでした。

プロミスは、こちらの返済可能日を聞いてから、「その日までに返済できない場合は前もって連絡ください」で終わり。

一方エイワは、返済可能日を聞いてくるくせに待てないと言い出し、友達に借りろ、親に借りろとグイグイ詰められました。

月日は流れ、そのような叱咤激励のお蔭もあり、全て完済に至ります。
ちょうどその頃、世間では過払金といった言葉が目立つようになっていました。

自分で過払金の請求。プロにお任せすべきだったかも・・・

すでに完済していましたので、借金とは無縁の生活を送っており、過払金など自分には関係のない話だと思っておりました。

また一本の電話から始まります。
相手はエイワです。

「超過して返済された分があるので、その返金と、取引が終了したという書類を書いて欲しい」との内容です。
そんなきっかけがあり色々調べ始めると、私にも過払金があるとすぐに気付きます。

早速取引履歴を要求しますが、ここでもエイワは相変わらずでした。
タイミング的には、プロミスとの和解が成立したぐらいにようやく取引履歴が届きます。

請求は、自分でやってみました。
ネットで見つけたエクセルに取引履歴の内容を入力し、請求の書面もネットにあったものを加工して作りました。

結果ですが、プロミスは約30万円の請求に対し約18万円で和解。
一連一帯云々の話になり、最後は、代理人を立てて30万円を取れたとしても、結局報酬で支払う事になるからと説得された形です。

後で考えてみると、自分で過払い請求をするよりも弁護士に依頼しておいた方が良かったです。
なぜなら、プロミスとな面倒なやり取りで時間を費やされ、精神的にも消耗したからです。

一方エイワは、「訴訟起こしてもらって結構」の一点張り、私も諦める事にしました。

最後に、
今考えればですが、プロミスの方がタチが悪いです。
天使の仮面を被った悪魔のような。

逆に、エイワには感謝です。
エイワの苦しみがなければ完済も出来ていなかったと思います。
過払金の件も、エイワがおかしな動きをしなければ気づかなかったでしょう。
二度と借りませんが。