自己破産は自分ですべきか、弁護士や司法書士にお任せすべきか?

自己破産は自分でできるの?

自己破産を自分でする
自己破産の申し立ては、知識と根気と時間があれば個人で行うことも出来ます。

そうなんです。自分で自己破産できれば弁護士にお金を払う必要もありません。儲けものです。

実際に自分で自己破産の手続きをされている人は10人に1人ぐらいの割合でおられるようです。

しかし逆に言えば・・・ほとんどの人が専門家に依頼しています。

弁護士に依頼すると結構な料金が必要になるのに・・・なぜでしょうか。

それはいろいろなメリットがあるからにほかなりません。

以下では自己破産を弁護士や司法書士に依頼するメリットについてご紹介します。

 

自己破産を弁護士や司法書士に依頼するメリット

お任せ

 

まずは、自分で手続きをするよりも自己破産が認められやすくなります。弁護士や司法書士はプロ。自己破産が認められるポイントを知っているわけです。

それから金銭的なメリットもあります。弁護士や司法書士に依頼すると予納金が20、30万円安くなることがあります。

また、弁護士や司法書士に依頼するとストレスがありません。自己破産をするための書類(破産手続開始書・面先許可申請書・陳述書)には記入する項目が多く、いろいろと調べる必要も出てくるためかなり大変です。弁護士に依頼すると楽に手続きが進みます。

とは言うものの、もしあなたが弁護士や司法書士を目指しているのであれば自分で自己破産手続きをすることは、経験として生きてくるので無駄ではありません。

が、それ以外の人は、本来しなければいけないあなたの仕事に集中する、そして不慣れなことはその道の専門家にお任せする。その方がトータルすると得なことの方が多いものです。

 

弁護士に支払う手持ちのお金がない場合どうすれば?

困った外人
 

まとまったお金がなくても自己破産は可能です。

肝心の弁護士に支払うお金がない、という人もおられるでしょう。というよりも自己破産を考えているわけですからむしろ支払えないのが普通です。

そのため、ほとんどの弁護士や司法書士が分割払いに対応しています。まずは、無料相談ができる弁護士事務所や司法書士事務所にお問い合わせしてみましょう。

 

弁護士や司法書士にお任せするときの注意点

観察する
 

さて、自己破産を弁護士にお任せする場合どうすれば良いでしょうか。

まず弁護士選びから始めなければなりませんね。

弁護士を選ぶ際に注意しなければならないのが、自己破産に関する案件がその弁護士の専門分野かどうかということです。

え?と思われましたか。そうなんです。

素人考えでは弁護士なら誰でも同じと思いがちですが、そうではありません。

弁護士によって刑事事件が専門の人、離婚訴訟が専門の人、事故などを専門にしている弁護士もおられます。

つまり自己破産を専門としている弁護士もいるということです。

専門分野によってスキルの違いも生じますのでこの点はしっかり確認しておくことが大切です。

続いて注意すべき点は、弁護士がサービス業として仕事を自覚しているかどうかです。

弁護士に依頼するということは報酬を支払う義務が発生します。弁護士がその報酬に対する仕事をしっかり行ってくれるか、つまり依頼者の利益を尊重した仕事を行ってくれるかどうかが大切なのです。

支払う額と提供されるサービスのバランスが取れているかどうかがとても重要です。

自分の仕事に対して自覚している弁護士は費用に見合うだけのサービスを提供してくれます。

しかし中にはいい加減で怠惰な弁護士も存在しています。(悪人もいます)

弁護士に依頼する前には無料相談などを利用してどのようなサービスを提供してくれるのかをしっかりとチェックしておきましょう。

→借金問題に強い弁護士や司法書士を探す

このページの先頭へ