あなたの多重債務は、どの債務整理で解決すべきか?

004

多重債務になってしまうと精神的にも追い詰められてしまうため、なかなか正常な判断を下すことができなくなってしまいます。

そこで頼りになるのが債務整理。

最終的に借金を抱えている状況が辛くなり債務整理という方法で問題解決したという人が少なくありません。

債務整理というのは、借金を返せなくなった人のために用意された救済措置のこと。借金のレベルに応じて債務整理が用意されています。例えば、任意整理、民事再生、一般的に知られている自己破産も債務整理の一種。

ただ、自己破産を行うとペナルティが科せられることになるため、債務整理を行う場合はどのような債務整理を行うのかを専門家に相談した方が良いでしょう。

債務整理はどれを選ぶべきか?

ちなみに、債務整理は借金レベルが一番低い場合に適用される「任意整理」と自己破産をするまではないものの任意整理では債務整理が難しい場合に適用される「民事再生」と、債務整理をしても借金の完済が不可能と判断した場合に適用される「自己破産」がありますが、それぞれの債務整理で科せられるペナルティは異なってくるので注意が必要です。

債務整理で借金問題を解決させると、金融機関のブラックリストに記載されることになるので、新たに借り入れすることは難しくなります。情報が他の金融機関でも共有されるので、あらゆるローンの利用が難しくなると理解しておきましょう。

また、最近では「過払い請求」が積極的に行われていますが、これはこれまでに返済したお金の中に払い過ぎたお金があった場合に返金請求できるというもの。過払い金請求をすることによって債務整理をする必要がなくなり、借金問題の解決に繋がる場合もあります。

中には、借金がゼロになるだけではなく、払い過ぎたお金が戻ってきたケースもありますので、まずは、法律の専門家に相談してみましょう。

→1番費用が安い「司法書士事務所」は?

→全国対応・相談無料の「弁護士事務所」は?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ