任意整理4つのメリット

任意整理のメリット

任意整理で借金が早く完済できる!

任意整理には様々なメリットがあります。まずメリットとして挙げたいのが、任意整理によって「完済が早くなる」ことです。

なぜ完済が早くなるのでしょうか?

それは任意整理により本来払うべきはずの金利が免除され、元本だけの支払いでよくなるからです。

また、任意整理は、基本的に3年以内に完済をすることを目処に、今後の返済プランがたてられます。

この返済プランは、1ヶ月あたりの収入が一体どれぐらいになるかによって、1回あたりの返済額が異なってくるのですが、少なくとも3年以内の完済が前提である以上、無理なく尚且つ確実に完済できることを前提に返済プランが立てられるのです。

任意整理には、このような返済プランが存在するからこそ、従来よりも早い時期における完済が可能になると言って良いのです。

もし任意整理をせずに返済を続けるとどうなるのでしょうか?

契約した時の条件のまま返済を続けていることになりますよね。

そのままの条件で返済すると言うことは、悪い条件で返済を続けていくしかないわけですから、完済までの道のりは非常に長いものになるわけです。

ということで、任意整理するかしないかで今後に人生が大きく違ってくることが理解できると思います。

早い完済、これはまさに任意整理のメリットであると言えるでしょう。

任意整理で債務が減額できる!

任意整理のもうひとつのメリットとして挙げたいのが、「債務が減額」されるということです。

あなたの借金が減るわけですからこんな嬉しい話はありません。

実際に任意整理をしてみると、債務が減額されるケースがほとんどです。

では、債務の減額については、一体どのようになされるのでしょうか。

まず、利息制限法の金利で引き直し計算されます。このとき低い金利で計算されることになるためあなたの債務が減額されるのです。

引き直し計算することで、何十万円とか何百万円単位で払いすぎた金利が発生していることも少なくなく驚かれることも。

特に支払い期間が長い方の場合、高額な返還の可能性が高いです。

また、計算をし直した後は、毎月の金利が発生するようなことはありません。専門家から伝えていただいた金額をただひたすら返済していけば良いだけなのです。

払いすぎた金額のことを、過払い金というのですが、この過払い金が戻ってくるので、金銭的に非常に得をすることになるのです。

最近は仕事を失ったとか、あるいは給料が減額されたなどの理由で、債務を履行できない人が増えてきています。

それに伴い、任意整理の依頼をする人の数も多くなってきています。

このような方にとっては、債務の減額というメリットは、非常に嬉しいものです。

一度借りた債務を返済していくことは決して楽ではありません。人によっては契約当初の条件で返済を続けていくのは、かなり厳しいはずです。

返済が厳しい場合、債務が減額されるため任意整理は非常に大きな力を発揮します。

任意整理は融通が利きく!

数ある債務整理法の中でも、任意整理は融通が利くと言われています。

もちろん、そのように言われるのには、それなりの理由があるのですが、一体どのように融通が利くのでしょうか。

任意整理では、全ての債務を整理しなければいけないということはありません。
ということは、自分の希望する通りに、任意整理をする案件と、任意整理をしないで従来と同じように返済を続けていく案件と選ぶことができるのです。

もし借入金額が多いとか、あるいは借入期間が長いといった理由があれば、その分返還される金額が増えることが予想されます。

そのため、「金額が多い」か「期間が長い」、のいずれかに該当する場合は、任意整理を行った方が得になることが多いです。

しかし、特に借入金額が多いわけでもなく、あるいは借入期間が長いわけでもない場合は、任意整理をしたところで、返還される金額はそこまで多くなりません。

しかも任意整理を行った分、手数料がかかりますから、かかる費用が多くなり、任意整理の依頼者にとっては損をすることになる場合もあります。

このように、同じ任意整理でも、そのまま手続きをした方が良い場合もあれば、手続きを見合わせた方が良い場合もあり、状況を総合的に判断した上で、どの借入を整理するかを決めていけば良いのです。

だからこそ、任意整理は融通が利くと言われているのです。

自分が任意整理をするべきかどうかを判断するには、専門家に相談するのが一番確実です。

おすすめはこちらの司法書士事務所です。こちらの事務所では全国から相談をを受け付けており、相談料は無料です。

また、依頼することになっても他のところよりも費用が安いし、実力のある司法書士事務所なので評判も良いです。

任意整理なら仕事上の立場が不利にならない!

任意整理をすると、職業上において何か不利な制限を受けるのではと心配していませんか?

例えばですが、金融関係のお仕事に就いているが、昇給しないとかその職を失うことがないかなど何かと心配になるものです。

では、任意整理では、このようなリスクが存在するのでしょうか。

仮に任意整理を行ったところで、現在就いている仕事がなくなるようなことはありません。

自己破産の場合ですと、ある一定の期間に就けない仕事も出てきますが、任意整理の場合はそのような制限はありません。

仮に何かの役職に就いている場合でも、その役職を返上しないといけないということもありません。

会社側としては、任意整理をしたことを理由に、スタッフを解雇することはできないのです。

そのため、仕事のことについて心配する必要はありません。

このように、任意整理では職業上の制限を受けることがないので、これも任意整理の持つ大きなメリットになると言えるのです。

しかし、これとは裏腹に、気をつけないといけないことがあります。

それは、任意整理に関連する書類の送付先のことです。もし書類の送付が必要となる場合、送付先を職場の住所にすることだけは、絶対に避けた方が良いでしょう。

というのは、もし職場に書類が送られると、職場のスタッフの方々にその書類を見られる可能性も高くなり、任意整理の事実がばれてしまうことになるからです。

このページの先頭へ