過払い金は、金融機関が知らせてくれるの?

021

過払い金のお知らせはくるの?

過払い金がある場合、金融機関(消費者金融)は、あなたにそのことを知らせてくれるのでしょうか?

実は、過払い金があるかどうかは自分で調べる必要があります。

たとえ過払い金があったとしても、金融機関はあなたにお知らせひとつ送ってくることはないです。よって金融機関側は自ら積極的に過払い金を返金してくるようなことはない、と心得ておきましょう。

あなたのすることは、過払い金があるかどうかを調べる、そして過払い金があると分かったら借りた側がアクションを起こして手続きをする必要があります。

そうしなければ、払わなくても良いお金を支払い続けることに。

この世の中は、受け身では損をするようになっています。過払い金があるのかどうかは、弁護士や司法書士による無料相談を受けてみるとある程度知ることができますので、積極的に無料相談を受けてみましょう。

★オススメの法律相談所はコチラ!

→1番費用が安い「司法書士事務所」は?

→全国対応・相談無料の「弁護士事務所」は?

過払い請求できるグレー金利ゾーン

今でこそ消費者金融からお金を借り入れる場合は10%代の金利で借り入れることができるようになっていますが、一昔前までは20%超える金利も珍しくなく、悪質な金融機関になると金利が30%を超えているというところもあったほどです。

29.2%以上の金利での貸付の場合は刑事罰が与えられていたものの、上限金利とされている20%から29.2%の間の金利については法律で認められていないにも関わらず、罪に問われることが無かったので、この金利帯で貸し付けをする消費者金融が多くいました。

この上限金利を超えて刑事罰を受けるまでの金利帯のことをグレー金利ゾーンと呼んでいて、過払い請求の対象範囲となっています。

最近になって過払い請求の件数が増えたのは、このグレー金利ゾーンの違法性が認められたことによるもの。過払い請求によって返金請求を行うことができるようになり、過払い請求をする人が増えることになったのです。

一昔前まではグレーゾーン金利での貸付が当たり前。そのため借金問題に発展しなかった人でも払い過ぎている可能性があります。

過去に金融機関からお金を借り入れたことがある場合は、当時の金利について調べてみるようにしましょう。

過払い請求の無料相談 >

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ