住宅ローンと税金。どちらを優先して支払うべきか?

住宅ローンと税金

あなたは、税金を滞納していませんか?

もし、「滞納している」というなら思わぬ失敗とならないために、以下を読み進めてください。

さて、「家は手放したくない」「住宅ローンの返済を一番に考えよう」という方も多いと思います。

そのため、税金などのような厳しい督促などがないものには、「これは、後からで良いだろう」と判断している方もいるのではないでしょうか?

しかし、こういった判断は後々後悔してしまうことになりかねません。

実は、税金などを滞納している場合には、役所は突如として財産などを差し押さえることがあるからです。

当然、マイホームをお持ちの方であれば、家や土地などを差し押さえられることに。

こうなってしまえば、自分の判断で不動産を売却することができなくなってしまい、任意売却ができなくなってわけです。

任意売却を行う際には、差し押さえを行っている役所にも、承諾が必要となります。役所の判断によっては承諾が下りず、任意売却ができなくなってしまうケースがあるということです。

このように、住宅ローンの返済に困っている方は、住宅ローンの返済ばかりに気を取られず、税金などをしっかりと納めておくことも大切。

いざという時、税金などを滞納してしまったことがネックとなり、任意売却も行えなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

このページの先頭へ