借金返済を遅延すると

借金返済を遅延したら一体どうなってしまうのでしょう?

遅延した時には、どんな対策法が有効なのでしょうか。

その疑問や不安を解消するため、考えうる有益な情報を分かりやすくまとめました。

借金返済を遅延した場合のペナルティや、どうやって解決できるのかを一緒に見てみましょう。

借金の返済を遅延してしまった場合のペナルティとは?

借金の返済を遅延してしまった場合、まず心配になるのが『ペナルティ』です。
実際に起こりうることをまとめました。

カード利用停止状態

クレジットカードの場合は、カード利用停止状態になり使えなくなってしまいます。

きちんと支払いをして一定期間が経過すれば再び使えるようにはなりますが、払わないままでいると強制解約になります。

遅延損害金が発生する

支払い期限が過ぎたことで、債権者に対しての損害賠償として支払うものです。

遅延損害金は支払い期日の翌日から日割り計算されて加算されますので、1日でも早く支払うのが無難です。

督促がくる

督促状は借金の返済を催促するために、貸金業者から送られてくる封書(手紙)などです。

多くの貸金業者の場合は督促状だけではなく、催促の電話もかかってきます。

限度額の減枠

返済遅れが続くと、限度額の減枠という措置を取られることがあります。

信用情報に登録される

滞納から61日以上または3ヶ月以上で信用情報機関にチェックがついてしまいます。
しかし、短期間の遅延でも安心はできません。

クレジットカードの場合は、たった1日でも遅れるとクレジットカード会社の社内システムに登録されてしまうからです。

債権回収代行会社に債権譲度される

貸金業者やクレジットカード会社に対する返済遅れが続くと債権が譲渡され、債権回収会社から催促されるようになります。

債権回収会社は回収のプロですから、『どう言えば払う気になってくれるか』を熟知してます。
そのため、『払えない』の一点張りや、コチラ側の言い訳は一切通用しません。

債権回収会社はいくつもあり対応が様々です。
対応が丁寧な担当者もいますが、大手でも上から目線で失礼な発言をしてきたり、横柄な態度を取るところも少なくありません。

裁判を起こされる

裁判を起こされるのは最終段階ですが、しっかりと対応しなければ口座など資産の差し押さえに直結します。
例えば、裁判所から届いた回答書を無視して送らなかったり、条件違反をすれば差し押さえの手続きをされてしまう可能性が非常に高いです。

借金返済を遅延してから裁判や差し押さえになるまでのペナルティの流れ

借金返済の遅延から、一体どのような流れで裁判や差し押さえに至るのかというペナルティの流れを紹介します。

ステップ形式にまとめてみました。

STEP① 催促の連絡

ハガキや電話で貸金業者から催促の連絡がきます。

ハガキには『ご連絡ください』的な事が書かれていたり、期日までに返済がなかった旨を伝える内容が記されています。
それに対する本人からの連絡がなければ、連絡先に登録している本人の携帯等に催促の電話がきます。

STEP② 督促状が届く

ハガキや電話に対して折り返しの連絡をしなかったり返済してもらえない時には、貸金業者から自宅に督促状が届きます。

督促状の封筒には貸金業者の会社名だけではなく、赤い字で『重要なお知らせ』とか、『支払に関するお知らせ』などと書かれています。
見るからにお金に関する『督促状』だと分かるので、以下のことに注意しましょう。

例えば同居している恋人、奥様や旦那様などに借金してることを秘密にしている場合は、督促状を見られれば借金がバレるので要注意です。
ちなみに、督促があると『事故情報』として信用情報機関に登録されてしまいますので、それも覚えておきましょう。

STEP③ 一括での支払いを求められる

督促状が来ても支払いがない場合、次の段階では期日を指定されて『この日までに一括で払って下さい』と請求されます。

支払が遅れている間は遅延損害金も増え続けているわけですから、早めの対応が必要になります。
そのレベルまで来ると、さすがに債権者に連絡をして借金返済について前向きに話し合う姿勢を見せなければマズいです。

一括請求の督促状が来てから早い段階で連絡し、現段階では一括は厳しいことや、分割でも『払う意思はある』ことを伝えれば検討してくれます。

STEP④ 裁判・差し押さえ

それでも変わらず未払いが続いてる場合には、最終手段といえる『裁判』を起こされてしまいます。

裁判では、『支払能力』があるか無いかが鍵になります。
裁判に応じる姿勢が見られない(欠席など)場合には、裁判所の許可を得て口座などの財産が差し押さえられてしまいます。

以下は東京弁護士会の公式サイトですが、裁判所から書類が届くことに関する情報があります。

参考:東京弁護士会
「裁判所から書類が届いた」
https://www.toben.or.jp/bengoshi/soudan/saiban/syorui.html

借金の返済を遅延してしまう前に対策できること

借金返済を遅延してしまう前に出来ることは、遅延の可能性があれば貸金業者に必ず連絡を入れることです。

一番やっちゃいけないのが、借金の返済が遅れてしまいそうだからといって連絡もなしに放置することです。
返済日が過ぎると各貸金業者からハガキや電話、更には封書での連絡がくるようになります。

それを無視し続けると相手も心配になり、何とか本人と連絡をとろうとしてきます。
その結果、契約した際に登録した職場の連絡先に確認の電話がいく可能性だって十分にあります。

そうならないためには、『返済が遅れる』と一言連絡を入れておくのがベストです。
それをしておくだけでも、その後の相手の対応が随分と変わってきますよ。

意外と金融業者は柔軟に返済の対応をしてくれる

意外と金融業者は柔軟に

きちんと話をする姿勢を見せれば、金融会社は意外と柔軟に対応してくれます。

『返済が遅れる=怒られる』というイメージからか、連絡をしない人がいますが、それは逆効果です。
対応は金融会社の方針にもよりますし、同じ会社内でも担当者によって対応は全然違います。

しかし、返済する意思がある人間の話を聞く耳は持ってくれます。
運悪く担当者の態度に問題があったら、その担当者の上司に電話を繋いでもらって話をするのも一つの方法です。

平社員が態度が悪くても、その担当者の上司ならきちんと話を聞いてくれることが多いです。
中には自分が態度が悪いことを上司に言われたくなくて、上司に電話を繋ぐことを理由をつけて断ってくる担当者もいます。

その際に逆ギレすれば負けです!
なぜなら「さっき、あなたはこんな酷いこと言いましたよね?」と、あなたが逆に悪者扱いされて話をすり替えられるからです。

怒りをグッと堪えて一旦電話を切り、再度電話をして違う担当者にその旨を伝えるのが賢い対処法です。
いずれにせよ、金融会社からすれば遅れてもちゃんと払ってくれさえすれば良いのですから、無視をすることだけはやめましょう。

何度も遅延を繰り返すと対応に変化が起きてくる

上記の通り柔軟に対応はしてくれますが、何度も遅延を繰り返すと次第に態度に変化が起きてきます。

支払が遅れている場合は、状況によって担当部署も移されます。
そこで駄々をこねれば、ただのクレーマー扱いされます。

あなたは冷静かつ真摯な姿勢で話しをしなければ、上手くいく話も上手くいきません。

遅延に厳しい傾向にあるローン

審査が厳しいと言われているのは、やはり銀行系のローンですが、遅延に関しては『どこが厳しい』というのは特にありません。

というのも、遅延を繰り返せば銀行系であろうと消費者金融系であろうとカード会社であろうと、どこも厳しい対応をしてくるようになるからです。

借金返済を遅延しても他社から借りることはNG!

借金返済を遅延したからといって、借りることができそうな他社から新たな借り入れをすることは絶対にNGです。

そうして借金は雪だるま式にドンドン膨らんでいくからです。
借金地獄というのは、今ある借金を返すために新たな借り入れをしてを繰り返すことにより悪化します。

多重債務に陥ったあげく、どこからも借りられなくなり遂にヤミ金に手を出してしまったケースは良くある話です。
あなたが考えるべきことは新たな借金を増やすことではなく、今ある借金をどう解決するかです。

借金を返すために借金を増やすということは、結果的に『あなた』の首を絞めることにしかならないことを忘れてはなりません。

借金の返済が苦しくて遅延が続いたら債務整理を検討するのが有効

借金の返済が苦しくて遅延を繰り返すようになったら、精神的な負担は大きくなりますので専門家に依頼するのがベストです。

専門家とは、司法書士や弁護士のことを指します。
その中でも借金問題に強い法律家を選びましょう。

司法書士や弁護士には得意分野というものがあるので、借金問題の解決実績が豊富な司法書士や弁護士じゃないとダメです。
借金問題の相談を受けることに慣れてますし、手続きに関してもスムーズに行うことができるでしょう。

また、そのような事務所は各金融業者やクレジットカード会社についての情報も詳しいです。
例えばですが、あなたがA社に対して3ヶ月延滞しているとします。

そのA社が長期延滞に対してすぐに裁判を起こす傾向にあるなら、A社に関しては早急な対応が必要だといった判断力にも長けています。
借金問題を専門家によって解決してもらう場合は、債務整理に慣れている事務所に依頼することが大事です。

まとめ

様々なペナルティがある

借金の返済が遅延すると、様々なペナルティがあることが分かりましたね。

できれば厳しい取り立ては受けたくありませんし、借金問題は早く解決したいものです。
そんな時に最も有効なのが、借金問題の解決実績が豊富な弁護士や司法書士に依頼するということです。

借金問題というものは放置するほど状況が悪化するものなので、少しでも早く解決した方が良いです。

無料相談を行っている専門家に、まずは相談してみましょう。