借金返済の順番
複数のところからの借金返済をする場合、どのような順番で返済するのが良いでしょうか?

借金返済の順番はとても重要です。

また、返済期日までにお金を用意することができない時はどうすれば良いのでしょう。
この記事では、そんな疑問を解決し対策法や債務整理の必要性も詳しく知ることができます。

他にも繰り上げ返済の注意点などもまとめました。
あなたの借金返済をスムーズにするためには知っておくべき重要な情報が満載です。

借金返済に失敗しないために、最後まで目を通して頂きたい記事です。

では、参りましょう。

借金返済の順番について① 税金は借金よりも優先的に返済する

借金と税金では、どちらを順番に払うべきでしようか?

迷うところですね。

実は、借金よりも「税金」を優先して払う必要があるんです。

どちらも大事な支払いですが、税金を優先する事には大きく分けて2つの理由があります。

1・税金は自己破産をしてもチャラにならないから

実は税金というものは借金整理でチャラになることはありません。

借金は自己破産をすればチャラになりますし、個人再生では大幅に借金が減ります。
また、任意整理をすれば利息のカットができます。

ところが税金の場合は残念ながら債務整理の対象にはならないのです。

あなたは『税金も自己破産でチャラになるから大丈夫っしょ!』などと軽く考えてませんか?
もしそうなら非常に危険ですよ。

あなたに限らず、それを知らない人は非常に多いです。
苦渋の思いで自己破産をしたとしても、結果的には税金からは逃げられないということです。

2・決定から差し押さえまでの早さが凄まじい

国の税金は、差し押さえを『やる!』と決まってからのスピードの早さが凄まじいです。

この早さは、借金の裁判とは比べ物になりません。

国民年金を例に挙げても、これからは今まで以上に国からの取り立てが厳しくなるでしょう。
税金と一言で言っても様々ですが、車の税金や住民税・・・色々ありますよね。

これら税金の滞納を抱えている人の中には、借金があるから税金を払えないパターンが非常に多いです。

では、借金もあって税金も滞納している人はどうすればいいのか?

それは、まず役所に相談することです。

現状を話せば分割払いも検討してくれるので、あなたの税金滞納を解消するために一緒に計画を立ててくれます。

役所の人間のタイプも様々なので、できるだけ親身に話を聞いてくれる人を選びましょう。
ドライな感じの人が担当だと詳しく話を聞いてもらえないので、淡々と役所の都合のいいように話を進められてしまうことがあります。

何事もそうですが、相談するなら親切なタイプの人がいいですからね。
税金も延滞金が発生しますから、放置するのが一番良くありませんよ。

借金返済の順番について② 借金は金利の高い順から返済する

金利が高い借入は、それだけ利息も多く支払わなければいけないということになるので、順番としては早く片付けるべきです。

金利の低い借金と比較すると、同じ金額の借金でも元金の減り方が違うのは明らか。
金利や利息について詳しくリサーチせずに何となく借金をして、何となく毎月返済していませんか?

詳しく知らないまま返済を続ける行為は、わけのわからない健康食品をとりあえず食べさせられてるようなものです。

毎月切り詰めてもカツカツの状態で全ての借金に手が回らないなら、金利が高い金融業者の返済をまず優先しましょう。
ただでさえ返済額が高いのに放置すれば、更に延滞金が発生します。

そんなバカくさいことはありません。
しかし、契約書を交わした以上はそれを理解したと見なされているわけなので仕方ありません。

取り立ての厳しさで借金返済の順番を決めるべきではない

順番的には、金利が高いところを優先して返済しなくちゃいけないということを分かっていても、それを実行できない人がいます。

その理由として挙げられるのが『取り立ての厳しさ』の度合いです。

早い話、金利の高いところよりも取り立ての電話が怖いところを優先してしまう人が多いということなんです。
現在では取り立てに関する取り締まりも厳しくなっており、ヤクザのような取り立ては禁止されています。

とはいえ、現実問題として取り立てがしつこい貸金業者はありますよね。
そこであなたが強くなれるかどうか・・という点が鍵になってきます。

強くなるというのは、逆ギレして言い返すことではありませんよ。
気持ちを強く持ちましょうという意味です。

正規の貸金業者であれば返済の相談に応じてくれるので、粘り強く交渉しましょう。

繰り上げ返済のしすぎは注意

生活が困難になるなら、無理に繰り上げ返済するべきではありません。

繰り上げ返済は借金を確実に減らすためには有効な方法ですが、生活を圧迫するレベルで無計画に行うのはリスクがあります。

繰り上げ返済とは基本的に『余裕がある時』にやるものです。
例えばボーナスが出た時などに、毎月の最低返済額よりも多く返済すれば元本を減らせるし返済期間を短縮できます。

しかし、カツカツになるまで繰り上げ返済にお金を使ってしまえば、必要最低限の生活もままならなくなってしまいます。

それに、災害が起きた時や思わぬ病気をした際に何もできなくなりますよね。
繰り上げ返済をするなら、そういったことも想定して計画的に行いましょう。

借金返済の順番について③ 金利の高い借金を一括返済する

金利が高いということは、長引けばそれだけ利息が発生するということ。

言うなれば「払わずに済むはずのお金がドンドン膨れ上がっていく」ということになります。
金利の高い借金は毎月元金よりも利息を多く支払うことになります。

なので、完済までの道のりは遠くなるというわけです。

例えば、プロミスから50万円を借りたとしましょう。
毎月、最低返済額の13,000円ずつ返済してくいくとなれば完済まで58ヶ月(4年10ヶ月)

支払い合計額が746,160円(金利17.8%の場合)
なんと、無駄に24万円以上も利息を払うハメになるんです。

借金を賢く返済するには、この無駄な利息を減らす工夫が必要になります。
できれば超低金利の『おまとめローン』で、金利の高い借金をまとめて一括返済してしまうのが理想。

おまとめローンの審査に不安があるなら、低金利の銀行系カードローンに借り換えを行うという方法もあります。
ネット上で審査が甘いと評判のバンクイック、楽天カードーローンであればワンチャンあるかもしれませんね。

金利の高い借金を順番に少しでも整理することが借金返済のコツです。

借金返済の順番について④ 闇金の借金に返済の義務はありません

意外とご存知ない人が多いですが、闇金の借金には返済の義務はありません。

返済が滞って取り立てが一番キツいのは闇金融ですから、それが怖くて闇金返済の順番を優先してしまう人が多いです。

でも、実は一番払う必要がないのが闇金の借金。
後回しにする・・ではなく払う必要がないんです。

だからといって、最初から踏み倒すつもりで借り逃げするのは良くないですね。
そこまで闇金も馬鹿じゃないので。

昔と違って現在の取り立て規制は非常に厳しくなってますので、仮に闇金が自宅に取り立てに来たとすれば警察に通報すれば逮捕されます。
それゆえ自宅に取り立てに来る闇金融は現在では極めて少ないと言えますが、絶対に来ないとも言い切れません。

闇金の恐怖に怯えながら生活しているなら、すぐにでも闇金対策を専門に行っている司法書士か弁護士に相談するべきです。
そして、いくら電話で脅されたとしても絶対に1円も返済してはいけませんよ。

借金の返済期日にどうしてもお金が用意できない時の対処法

借金の返済期日に

借金の返済期日までに、どうしてもお金が用意できない時の対処法は以下の2つです。

①早めに連絡を入れる

借金の返済期日までにどうしてもお金が用意できない場合は、前もって貸金業者に連絡を入れましょう。

前もって連絡できなかった場合でも、返済期日の翌日には電話で連絡をいれるべきです。
それをしなければ電話やハガキで催促されます。

『どうしても用意できなかった』
『○日なら収入があるので待っていただけませんか?』

このように冷静に交渉すれば貸金業者も可能な範囲で融通を利かせるよう検討してくれるでしょう。

一番やってはいけないのが返済期日までにお金を用意できなかったからといって、催促の電話や手紙を無視することです。
無視している限りは連絡がつくまでしつこく電話が来ますし、最悪は会社等に連絡が来ることもあるでしょう。

②確約のできない約束はしない

返済期日までにお金を用意できず前もって連絡を入れる際には、次の返済日について確約のできない約束をしてはいけません。

その場しのぎで『○日なら○円払えます!』と適当に言って約束を破れば、『この人は嘘つき』とレッテルを貼られます。
一度でもそれをやってしまうと、次に返済が遅れた時に連絡を入れても相手にしてもらえなくなる可能性があります。

返済日を延ばして約束するなら、確実に収入があって払える日を指定しましょう。

ただし、返済日を延期するにも貸金業者側には限度がありますので、必ずしも希望する日まで待ってくれるとは限りません。
『この日までなら待てますよ』と言われた日までの間で約束をすることになるでしょう。

借金返済のために借金していませんか?

借金返済のために借金を繰り返せば、間違いなく多重債務者の道を歩むことになります。

一時しのぎでそんなことするなら、借金返済の順番を先延ばしにして延滞した方が100倍マシです。
延滞したところで翌日すぐに訴えてきたりしませんし、すぐに財産の差し押さえをされることもありません。

借金を増やすぐらいなら、延ばした期日までにできることは他にあるはずなんです。

例えば日払いの仕事をしたり、貸してくれそうな人に借りたり・・・。

ただし、ギャンブルは危険すぎますよ。
全ての持ち金がパーになる可能性大です。

より確実にお金を作れる方法を選びましょう。
あなたの人生は、あなた次第で決まります。

玉の輿や逆玉の輿に乗る、または宝くじでも当たれば人生は変わるかもしれませんが、そんな幸運はそうそう手に入りません。

人をうらやむ前に、普通に暮らせることは当たり前ではなく幸せなことだと理解しましょう。
借金があっても、あなたの気持ち一つで人生は変えられます!

実際に芸能人や有名人でも、昔は多額の借金があったけれども今は成功しているという人は沢山います。
『借金返済のために生きる道』を自分で選ぶことだけはやめて、『自分のために生きる道』を歩んでいただきたいです。

債務整理をすれば借金返済の負担が減る

借金問題を確実に解決

借金問題を確実に解決できる方法はなんでしょうか?

それは、やはり司法書士や弁護士に依頼して債務整理を行うことです。

債務整理には4つの種類があるのをご存知でしようか。
その中の1つである任意整理という方法は、最も多く利用されており利息をカットできます。

3年から5年かけて元金のみを返済していくのですが、この方法なら家族や職場にはバレる心配はありません。

一定期間は新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることはできませんが 、もう借金には懲りているはずなので問題はないでしょう。

利息をカットできるだけでも随分と状況が変わるのです。

特に多重債務に陥っている場合は、 無駄に利息を払い続けるよりも少しでも早く専門家に依頼した方がいいです。

任意整理費用の相場は4万円~7万円程度で分割払いができます。

ダラダラと利息を払い続ける思いをすれば、借金整理にお金を使った方がよほど有意義ではないでしょうか。

また、債務整理を行っている事務所のほとんどが無料相談を行っています。

実は私もいくつもの事務所の無料相談を利用したことがあります。
メール相談は24時間体制で利用できるので非常に便利だし、電話対応も親切です。

女性専用窓口が用意されている事務所だってあります。
無理な勧誘などありませんし、無料相談をして実際に依頼しなかったとしても相談料を後日請求されることもありませんでした。

すごく気持ちが楽になったので、この気持ちを是非あなたにも味わっていただきたいです。

あなたも借金地獄から抜け出しませんか?

まとめ

借金返済の順番について詳しく説明してきました。

借金を効率よく返済していくためには、実は返済する順番や工夫も必要だと分かりましたね。
借金問題をすぐにでも解決したいという人は、借金問題に強い弁護士や司法書士に相談しましょう。