借金返済は債務整理以外

借金返済を債務整理以外で解決する方法はあるのでしょうか?

実は債務整理以外にも借金返済をスムーズにする方法が、『3つ』あります。

仮に3つの方法で解決しなかった場合は『どうすれば良いか』も気になりますよね。
それについても詳しくまとめたので、あなたが多重債務に悩んでいるなら必ず役に立つ情報です。

債務整理以外で借金返済をスムーズにする方法は3つある!

債務整理以外で借金返済を効率良く行う方法は3つ考えられます。

では早速、3つの方法を①~③の順に紹介します。

あなたにピッタリの方法はあるでしょうか?

① 収入を増やして支出を減らす方法

あなたは、収入を増やして支出を減らすことはできますか?

それができれば苦労はしないよ!

そんな声が聞こえてきそうですね。

確かに難しいことです。

しかし、債務整理以外の方法で借金返済をするには、この方法が現実的です。

収入を増やして支出を減らすことに成功すれば・・・
そう、あなたは、ドンドン借金を返済できるようになります。

確実に借金返済に苦しむ期間は短くなる。

それだけではありません。
借金返済後のあなたの生活はどうなりますか?

そう、裕福な生活が待っているのです!

いかがでしょう。
真剣に収入を増やして支出を減らしたい気持ちになってきましたか。

しかし、世の中には『家計のやりくり』が苦手な人もいます。
また、成功するには覚悟が必要です。
変化する覚悟です。
(人は変化することを恐れている生き物。しかし、変化しなければ幸せにはなりません)

では、収入を増やして支出を抑えるために、どのように変化すれば良いのでしょうか?
考えられる具体的な方法を見てみましょう。

収入を増やす方法

副業する

本業に差し支えない程度の副業をして、月々の収入をアップさせるのは、大変ですが、覚悟を決めれば難しいことではありません。

ただ、くれぐれも体を壊さない程度に、無理なく働ける副業が望ましいですね。

副業に力を入れすぎて体を壊してしまえば本業も休まなくてはいけなくなり、収入を増やすどころか収入を減らすことになってしまいます。
病状が深刻化して働くことが難しくなれば退職を迫られる可能性もありますし、そうなれば本末転倒ですよね。

メルカリやオヤフク等で売る

個性的な物作りをしてヤフオクやメルカリ等で売れば、長期的な収入に繋がる可能性があります。

ヤフオク等で不用品を売りまくるのも利益を得られる方法ですが、今ある物を売るのは一時的な収入にしか繋がりません。

あなたはご存じでしょうか?

メルカリやヤフオクでは手作り商品が注目されており、ヒットして一度火がつけば売れまくることを。
あなたのアイデアがユーザーに見事にハマれば、試しに作った手作り商品が人気商品になる可能性だってあるんですよ。

こんなことを言うのは失礼ですが、『これのどこがいいの?』と思うような手作り商品が、メルカリで大人気だったりします。
あなたの手作り商品が借金返済の足しになる可能性は十分にあるはずです。

転職する

現在よりも月給が良い職場を探して転職するという方法です。

転職は、生活が大きく変化しますので、かなりの覚悟が必要ですね。

ただし、転職を考えるなら一つ注意すべき大事なことがあります。
それは、必ず次の職場を見つけてから退職するということです。

現在の職場の月給が安いからといって思いつきで退職してしまえば、仮に再就職先が見つからなかった場合はニート生活が待っています。

そうなると借金の返済をするどころではなくなるので、転職をするなら慎重に行うべきです。

支出を減らす方法

ギャンブルは真っ先にやめる

借金を減らしたいと思うなら、まず真っ先にギャンブルから卒業することです。

いわゆる『お金持ち』と言われている人たちの大半は、ギャンブルは絶対にやらないといわれています。

なぜなら、不確実だから。

ギャンブルで勝ち続けることができる人はどれだけいるでしょうか?
一時的な勝ちはあるでしょう。
しかし、永久には皆無に等しいと言った方が良いかもしれません。

タバコや酒をやめる

タバコやお酒は生活の上で『絶対に必要なもの』ではありません。

本気で借金を返済したいと思うなら、タバコやお酒をやめましょう。
1年で考えると、非常に大きなお金を作ることができます。

あなたは毎月、大好きなタバコやお酒にいくら使ってますか?
それを返済に充てれば、早く借金の苦労から抜け出すことができます。

金があるフリをしない

金が無いのに人におごりたがる人がいますが、借金があるなら『金のあるフリ』をしている場合ではありませんよね?

本当はお金がないのに友達や同僚の前で「いいよ、私が払うから!」などと張り切って言ってませんか?
『お金がない人』と見られるのが嫌だというプライドは、潔く捨ててしまいましょう。

もちろん人付き合いは大切ですが、無理してまで払うのは少し違うと思います。
まずは自分の生活を優先にやりくりしましょう。

衝動買いをやめる

衝動買いをする人というのは、自分が『衝動買いをしている』という自覚がないことが多いです。

『自分には必要なものだ』と即決で買っても、実際は使わずに棚の中で眠っている物が沢山あるのでは?
それは結果的に『買う必要はなかった物』です。

まずは『欲しい』と思った段階で一旦踏みとどまって冷静に考えましょう。
その日は買わずに1日~数日考えて『やはり私には必要だ』と強く思ったら買う、というように工夫してみるのも良いでしょう。

②金利の低いローンに借り換えして借金返済する

金利が低くなれば自然と毎月の返済額も少なくなります。

返済額が減るとどうですか?
今よりも借金返済が楽になりますよね。

借金返済を債務整理以外で考えるなら、借り換えという方法は上手に利用すれば大変有効です。

借入件数が多い人(多重債務者)は、おまとめローンを利用するのも一つの方法で借金返済が楽になるでしょう。

しかし、厳しい『審査』がある方法なので、審査が通らなければ利用できないので注意が必要です。
2ちゃんねるやネットの口コミ評判を参考に、金利の低いおすすめのローン(おまとめローン)をまとめてみました。

ネットの評判が良いローン

中央リテール

来店必須というデメリットはありますが、審査が甘いと2ちゃんねるで評判です。
消費者金融よりも金利は低めですし返済期間も『最長10年』と長い設定なので、借金返済がかなり楽になるといえます。

融資額 500万円まで
金利 10.95~13.0%
返済期間 最長10年(120回)
横浜銀行カードローン

申し込み条件に、年収が200万円以上の正社員、派遣社員、契約社員とあるので審査は厳しめだと思っておいた方がよいでしょう。
しかし、その分低金利で借りられるという大きな魅力がありますので審査が通ればラッキーです。

融資額 1000万円まで
金利 1.9%~14.6%
返済期間 最長10年(120回)
イオン銀行カードローン

銀行系の中では比較的審査が甘いとされている『おまとめローン』です。
しかし、イオン系は返済遅れに厳しいといわれていますので、仮に借入件数が多くても遅延することなく返済できている人におすすめです。

融資額 700万円まで
金利 3.8~13.5%
返済期間 最長8年(96回)

不動産を担保にして借金返済する

ローンの審査に不安がありますか?

その場合、自分の持ち家を所有しているなら不動産を担保にして借入をするという方法もあります。

早い話、家を担保にして借りたお金を使って複数社から借りてる借金を返済してしまうという方法です。
借金返済を債務整理以外で可能にする方法としては有効ですが、メリットとデメリットがあるので知っておかなければなりません。

メリットとデメリットは以下の通りです。

デメリット

・手数料がかかる(大体10万円くらい)
・審査が長い
・返済が困難になると有無を言わさず自宅が取られる

メリット

・低金利で借りられる
・審査が甘い
・保証人は不要である
・家族名義の不動産でもOK

③ 友人や親族から借りて借金返済する

友人や親族から借りて一括返済をすれば、余裕を持って借金を返済することができるようになります。

友人や親族には「金を貸してくれ」とは言いにくいものですが、色々試したけど他に解決策が無かったという状況なら背に腹は代えられません。
そこで、友人や親族から金を借りる際の流れをステップ形式にまとめてみました。

<ステップ1>お金を持ってそうな人を選ぶ

お金の持っていない人からお金を借りることなんてできませんし、断られるのがオチです。

家族、友人の中でも一番お金を持っていそうな人物にお願いするようにしましょう。

しかしながら、お金持ちというのは人一倍『損得勘定』をする傾向にあります。
あなたに貸しても『得がない』と判断されてしまえば、絶対に貸してくれることはないでしょうね。

つまり、お金持ちであることに加えて人柄も見なくちゃいけないということです。

<ステップ2>借りる理由を考えておこう

人様からお金を借りる際には、きちんと使い道を示さなければなりません。

相手が『それなら貸そうか!』と思えるような、何かしらの明確な理由が必要になります。
その理由として使えそうな内容の例は以下の通りです。

・正直に『借金を完済するために』と話してしまう
・同情を誘うような説得力のある言い訳を切実に語る
・急なトラブルで金が必要になったからと話す

<ステップ3>借用書を書こう

晴れてお金を借りることに許しを得られたら、必ず借用書を書きましょう。

これは、相手との信頼関係を維持する為にも重要なことです。
口約束だけでは後々トラブルになる可能性大ですから、信頼関係を失うことになりかねません。

また、贈与ではなく『貸借』であるという証拠のためという側面もあります。
それと、必ず『印紙』は貼るようにしましょう。

債務整理以外の方法を試しても借金返済が困難な時は?

借金返済が困難な時は?

借金返済をするため債務整理以外の方法で試したが、結果的に改善の余地がなかった場合は専門家に相談するしか方法はありません。

借金問題は一人で悩んでズルズル引きずっても時間とともに自然に解決するものではなく、むしろ状況が悪化するだけです。
放っておけば日に日に生活は苦しくなりますし、利息だけでも返済することが困難になっていくのは目に見えています。

そうなる前に、借金問題に強い専門家に相談する必要があるのです。

『もう自分では解決できない』と一瞬でも感じたら、潔く債務整理を検討した方が良いでしょう。
専門家に依頼したら『あっという間』に解決した、という事例は非常にたくさんあります。

しかし、弁護士や司法書士に依頼する際には、メリットだけでなくデメリットもありますので知っておきましょう。

デメリット

依頼する際の費用がかかる

債務整理を弁護士や司法書士に依頼するとなると費用がかかります。

債務整理の種類や借入件数によって費用は異なりますが、分割払いができる事務所がほとんどですから大丈夫です。

また、費用がかかっても、得られるメリットの方が大きいと判断できる場合だけ、債務整理をすればよいので、あなたは損をすることはありません。

家族に知られる可能性がある

債務整理の種類によっては家族に知られる可能性があります。

しかし、債務整理の中でも過払い金請求や任意整理であれば家族に知られずに行うことができます。

ただし、手続き自体は家族に知られることはないですが、書類等を自宅で保管する際には家族に見られないように注意しましょう。

一方、個人再生や自己破産の場合は家族に内緒にしておくのは、極めて難しいといえます。
なぜなら、夫婦共働きの場合は旦那様や奥様の収入証明などといった書類が必要になるからです。

メリット

督促が止まる

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると『受任通知』というものが借入先に送られ、到着した時点で督促が止まります。

借金を減額できる

債務整理の種類によって借金を減額できる度合いは変わります。
例えば、任意整理の場合だと将来利息をカットできます。

元金のみ返済する形になるので、多重債務の場合は随分と返済は楽になるはずですよ。
利息を返すだけでも精一杯という状況が改善され、借金が着実に減っていくことになります。

心に余裕を持って生活できる

多重債務に陥っている場合は収支のバランスが取れず、計画的に生活するといっても現実的に無理があります。

しかし、債務整理によって今後の計画をしっかりと立てられるようになるので、心にも余裕が持てるようになるでしょう。

生活を立て直すことができる

借金地獄に陥ると『人生終わった!』みたいな気持ちになりますが、債務整理によって生活を立て直すことは可能です!

心身ともに疲れ果ててしまう前に専門家に相談しましょう。

まとめ

借金返済するために債務整理以外で実践できることは意外と沢山あることが分かりましたね。

しかしながら、借金額や現在置かれている状況によっては専門家の力を借りた方が良いことも。
借金問題に強い弁護士や司法書士に相談すれば、一人で解決が難しいことでも必ず解決してくれます。

弁護士や司法書士は、あなたが借金をした理由について怒ったりなど絶対にしませんので安心して相談しましょう。

あなたが再び心から笑える日が来るようになるには、今すぐ行動すること。
後回しにしてはいけません。