借金返済計画の立て方

借金返済計画の立て方や
返済が進む方法を知ることで、
あなたの借金生活が楽になるかもしれません。

あなたの借金は順調に減っていますか?

この記事では、借金返済計画の立て方や返済がスムーズに進む方法を知ることが出来ます。

『借金を早く完済したい!』と思ってる人に必要なことをまとめました。

借金返済計画その① 抱えている借金額を書き出す

借金返済計画を立てるための第一段階は、『借金額を書き出す』ことです。

借り入れ先は銀行やクレジットカード会社、消費者金融など様々だと思いますが、以下の内容をノートなどに書き出してみましょう。

面倒かもしれませんが、借金返済計画を立てるための『準備』となる大切な作業です。

1・借り入れ先と借金額を書き出す

まずはじめに、借り入れ先すべての名称と契約をした日付を書き出します。

頭では分かっていても、
いくつもの金融業者から借金をしている場合、
どこから借り入れをしているか一瞬分からなくなることがあります。

そのために一覧にしておくわけです。

契約書をきちんと保管しているなら、それを見れば確認できます。

手元にない場合は『借金した金額や契約日』『現段階での残りの借金額』について、借り入れした金融業者に電話をしてみると教えてくれます。

2・毎月の返済額と利息を書き出す

次に、各金融業者に毎月いくらずつ返済しているのかを書き出します。

ここで頭に入れておくべきことは『利息』についてです。
例えば、A社に対して毎月5,000円ずつのペースで返済しているとしましょう。

あなたは5,000円丸々返済している感覚になっているかもしれませんが、実は利息にかなり取られてます。

試しに返済した際の明細書を見てみてください。
元金充当分と利息分の欄を見てみると確認できますが、思ってるよりも利息は高いということを理解できるはずです。

あなたがA社から30万円の借金をしているとして、トータルで利息がどれほどかかるか算出すると..きっとその金額に驚くことでしょう。
利息の存在を頭に入れておくことは、実はとても大切なことです。

3・返済日も忘れずに書き出す

『返済日を守る』ということは、
借金返済計画をスムーズに実行するためには重要です。

その理由は2つあります。

1つ目は、返済日が過ぎると催促の書面やハガキ、電話が来て嫌な思いをすることになるから。

2つ目は、返済日を過ぎれば『遅延損害金(遅延利息)』が発生し、無駄にお金を払わなければいけなくなるからです。

遅延損害金を侮ってはいけません。
返済日から過ぎるほど結構な負担になります。
無駄なお金を払わずに済むように、
返済日はきちんと書き出して頭に入れておきましょう。

借金返済計画その② このまま返済していくといつ完済するのかを書き出す

借金返済計画その②

このまま順調に返済していけたとして、いつ完済できるのかを書き出してみましょう。

『いつ完済できるのか』を知ることは、
借金完済までの生活の在り方を考えていく上で、とても重要です。
それに、ダラダラと何となく返済を続けるよりは気持ちの面でも違ってきます。

借り入れしている金融業者によって金利は違いますので、それぞれの総返済額と完済までの回数を自分で計算してみるというのも一つです。

しかし『計算が難しい』『良く分からない』という人もいるでしょう。
その場合は借り入れ先に問い合わせをすれば、最終的にいつ完済できるのかの目安を教えてもらえます。

どうせ聞くなら、元金に対する利息の金額も確認しておくと良いですね。
より詳しく自分の借金状況を確認しておくことで、余裕のある月に繰り上げ返済する際にも役立ちます。

借金返済計画その③ 毎月の収支がいくらかを書き出す

借金返済計画を立てるためには、毎月の収支を把握することが大事です。

その月によっては交際費がかかったり、予定外の出費があったりと多少の誤差は出てくるでしょう。

それでも毎月の生活費の平均値や、最低限生活に必要な金額ぐらいは把握しておかなければ、借金返済計画の立てようがありません。

何か無駄な買い物はしていないか…
節約できる部分はないか…
それを考える良いキッカケになります。

具体的な数字で見て、はじめて気付くことは多々あります。
『なんとなく節約しているつもり』だけでは、実際に節約などできません。

難しく考えず、まずは気軽に家計簿をつけてみることをオススメします。
家計簿をつけるのが面倒であれば、領収書やレシートを捨てずにノートに貼り付けるだけでも構いません。

とにかく、あなたの収入に対する毎月の支出や買い物した内容を『振り返ってみる』ことが重要なのです。

家計簿をつければ無駄な買い物は一目瞭然!
自然と100円、200円という金額にもシビアに考えるようになります。

100円も20回使えば2,000円です。
無駄遣いをしているつもりはないのに、ナゼかすぐにお金が消えていく…
なんでだろう?…疑問だ。

このタイプに当てはまるなら、
借金返済計画のためには絶対に家計簿をつけた方が良いでしょう。

食費は見直しやすい支出

家族構成によって違いがありますが、
やはり食費は生活費の中でも大きな割合を占めています。

あなたはよく外食をされますか?
それとも自炊をしていますか?
それによっても食費は大きく変わってきますよね。

例えば、お昼ご飯。
ちょっといいランチを食べれば、軽く1000円は超えてしまいます。

それを弁当に切り替えてみるだけでも、かなりの節約になります。
このように、節約する気にさえなれば節約しやすいのが食費なんです。

食費を節約したい人はこちらから

見落としがちな無駄な出費

節約を心がけているつもりでも、
意外と見落としがちな『無駄な出費』というものがあります。

それをいくつかご紹介しましょう。

振込み手数料、引き出し手数料

例えば、ゆうちょ銀行のATMなら他の銀行への振込み手数料(5万円未満)は216円で済みます。ご利用されている銀行での引き出し手数料についても、よほど急ぎでない限りは無料の時間帯を狙うなどして工夫すれば節約できます。

コンビニでの買い物

コンビニにある商品の中にもスーパーよりも安いものがありますが、ほとんどのコンビニの商品は高いです。
立ち寄ったついでに何かを買いたくなる気持ちは分かりますが、今コンビニで買う必要があるものかどうか考えてからにしましょう。

無駄な月額会員登録

携帯電話を利用する中で過去に月額会員になったり、普段の生活の中でも月額会員登録しているものがあるならチェックしてみましょう。

もしかすると長い間使っていなかったり、特に必要がない月額会員登録が含まれてるかもしれません。
使ってもないのに無駄にお金を取られるぐらいなら、それは解約するべきでしょう。

借金返済計画その④ 毎月少しでも貯金ができる状態が理想

借金返済計画を立てて無駄を省き、
毎月少しずつでも貯金できる状態が理想的だと言えます。

日々の生活と毎月の借金返済額を差し引いて、5千円でも1万円でも余る状態なら心にゆとりも生まれます。

また、貯金が出来るまでにやりくり上手になれば借金返済も進むことでしょう。
借金返済を早く進めるためには繰り上げ返済は有効です。

しかし、貯金もないのに無理をしてまで繰り上げ返済をするのはリスクが伴います。
全く貯金がない状態であれば、災害時や病気や冠婚葬祭などで急な出費が必要な時に、あなたが何も出来なくなってしまうからです。

今の状態で貯金が厳しいなら、節約する以外に以下のことにチャレンジすると良いでしょう。

副業などして収入をアップする

今の生活状況で貯金が厳しいならば、副業をするのが手っ取り早いです。

副業と聞くと、何だかすごく大変そうなイメージがあるかもしれませんが、今の時代は様々な副業があります。
その中には、自宅に居ながらにして行えるというものもあります。

あなたの得意分野を活かせる副業があるかもしれませんよ。
ただし、副業には注意点や副業で得た収入に関わる税金の知識を身につける必要があります。
事前にリサーチしてから行いましょう。

 

副業について詳しく知りたい人はこちらから

借金返済計画を立てても返済が困難な場合は?

借金返済計画を立てても

借金返済計画を立てても上手くいかず返済が困難なら、債務整理をするのがベストです。

債務整理と聞くと『何かとリスクがありそう』と思われがちですが、実はそうではありません。
確かに、自己破産や個人再生の場合はそれ相当のリスクはありますが債務整理には4つの種類があります。

その中でも『任意整理』の場合は話は別です。
はっきり言って、リスクと呼べるリスクはないといえます。

プロミスやレイク、アコムといった消費者金融やクレジットカード会社など、複数社からの借金があるなら尚更、任意整理は有効です。
任意整理では延滞損害金や将来利息を無くし、元金のみの返済だけで良くなるという大きなメリットがあります。

つまり、借金返済が進んで早く完済できるということです。
それを可能にするためには、これまでに債務整理を数多くこなしてきた弁護士や司法書士に相談する必要があります。

良心的な弁護士事務所や司法書士事務所では『無料相談』を行っています。
相談料を節約したいという人は、是非利用するべきでしょう。

実際に契約しなかったとしても、後から相談料を請求されたり強引な勧誘をされるといったこともないので、安心して利用できます。

まとめ

借金返済計画の立て方や借金返済が進む方法を、理解していただけましたでしょうか?

『真面目に毎月返済しているのに、一向に借金が減らない』

そんな風に感じていませんか?

もし、あなたがそう感じているなら今すぐにでも債務整理に強い弁護士や司法書士に相談してみるべきでしょう。

弁護士や司法書士に相談することで、
あなたは借金問題の解決に向かって前進していくことになるでしょう。

一人で悩んでいる時間は損です。
まずは債務整理の実績が高い弁護士や司法書士に相談することから始めましょう。