繰り返す多重債務の原因と解決方法

021

今でこそ法律が強化されたことによって消費者金融の金利も下がってきていますが、一昔前までは違法な貸し付けを行うところが多くありました。(賃金業者として登録を受けている業者であってもそうでした。)

ということは、その時に払い過ぎた金利が戻ってくる可能性がある人が多いというわけで、最近は法律事務所が積極的に「過払い請求」の宣伝を行っていますよね。

実は、過払い金がある人の多くが、多重債務で悩んでいる人か悩んでいた人になっています。多重債務は一度解消されても繰り返してしまうという特徴があります。多重債務にならないためにも多重債務の仕組みを知って、同じことを繰り返さないように気を付ける必要があると言えるでしょう。

多重債務になる原因で多いのが、消費者金融や銀行のカードローンを利用することによって多重債務になるというもの。カードローンは自分で好きな時にお金が借り入れられることに加えて、利用方法が預貯金のお金を引き出すような感覚で利用できることから必要以上に借り入れてしまう人が多くいます。

もともとカードローンの金利は高く設定されているので、返済していてもなかなか元金が減らず、いつの間にか借り入れ上限金額に達してしまっている状況になってしまい、返すお金が無くなったので他の金融機関からお金を借り入れるという流れで多重債務になってしまいます。

せっかく過払い請求をしてお金が返ってきても、多重債務の連鎖を断ち切らないと根本的な解決にはならないため、多重債務にならないように注意を払う必要があります。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ