0-72

借金返済の裏技をお探しですか?

ならばこのページがお役に立つでしょう。

借金は、できればさっさと返済してしまいたいもの。
そうは思っていても、なかなか減らないのが借金ですよね。

毎月の利子を払うだけでも、せいいっぱい。
支払いが遅れるうちに、どんどん金額もふくらんでいって…。
こうなるともう、借金返済のゴールなんて見えません。
ただただ、日々の督促に頭をかかえるだけという人も多いのでは?

こんなとき、少しでも返済が楽になる裏技はないものでしょうか。
ここでは、ケースごとにその方法を紹介したいと思います!

短期間で借金返済のめどが立つ場合の裏技「ノーローン」

ノーローンというのは、多くの消費者金融が行っている無利息期間のサービスです。

だいたいの内容は、1週間〜1ヶ月の短期間で返済すれば、その間は金利がつかないというもの。
つまり、ノーローンで借りたお金を別の借金返済にあてれば、実質的に利息ゼロで支払いできる、というわけです。
短期間で繰り返し回転させることから、「大車輪」ともいわれる裏技です。

ただし、最近ではほとんどの消費者金融がこの裏技に対策を取っています。
たとえば、無利息期間は初回のみ、あるいは一月に一回のみ、というように回数が制限されています。
また、あまりこの裏技を繰り返していると、個人信用情報に傷がついてローンそのものが使えなくなるというケースも

ほかにも、ノーローンでは無利息期間を過ぎるとかえって高金利になる、という点にも注意が必要ですね。
せいぜい、1〜2回程度で借金返済のめどがつく、という人にはおすすめの裏技といえるでしょう。

ノーローンの公式サイトはこちら

借金返済しても余裕がある場合の裏技「繰り上げ返済」

借金がなかなか減らないのはなぜでしょうか?
それは、毎月の支払いの多くが利息にあてられて、元本そのものが減っていないからです。

そこでぜひ活用したい裏技が、繰り上げ返済です。
繰り上げ返済というのは、毎月の決まった支払いにくわえ、さらに余分に返済するという方法です。

すでに利息分は支払っているので、繰り上げ返済はそのまますべて元本を減らす分にあてられます。
元本が減れば次回の利息も減るので、それだけ借金返済が楽になっていくわけですね。
繰り上げ返済は、時期が早ければ早いほど、金額が多ければ多いほど、最終的な返済総額を減らすことにつながります。

ですから、少しでもお金に余裕あるときは、積極的に利用するようにしましょう。
どうしても手元にお金があると、ほかのことに回したり、貯金しておきたくなったりするものです。
でも、先々の借金返済を考えれば、かならずこの裏技が役に立つはずです。

複数の借金返済で首が回らない場合の裏技「おまとめローン」

借金返済で困っている人に多いのが、複数の金融機関から借金しているパターンです。

借金返済のために別の金融機関からお金を借りて、さらにそれを返すためにまた別の借金をしてしまう。
そうして雪だるまのように借金がふくれあがっていくことを、多重債務といいます。

このような状態におちいったときに役立つ裏技が、おまとめローンです。
おまとめローンは、複数の金融機関からの借金をひとつの会社にまとめて引き受けてもらう、というサービスです。
多くの場合、金利が安くなる借り換えローンとなっているので、毎月の返済額も安くなります。

また、それまでバラバラに行っていた借金返済の窓口がひとつになるので、精神的にもかなり楽になります。

通常、消費者金融からの借金は、総量規制という法律によって収入の3分の1以下までと制限されています。
しかし、このおまとめローンは例外なので、その点も心配する必要がありません。
ただし、おまとめローンはどうしても審査が厳しめです。ですから、今は借金があるものの、それなりに収入が安定している人におすすめの裏技といえるでしょう。

おすすめのおまとめローンはこちら

長期間に渡って借金返済していない場合の裏技「借金の消滅時効」

じつは、借金返済にも時効があることを知っていますか?

金融機関からの借金の場合は、5年で時効が成立します。
時効が成立すれば、借金はすべて無効となります。
つまり、この裏技を利用すれば、法律的に借金返済を帳消しにできてしまうわけです。

ただし、5年経てば自然に借金がなくなるわけではありません。
かならず、金融機関に対して借金返済を放棄することを書面で伝えなければいけません。
また、時効成立にはいくつかの条件があります。

ひとつは、その期間中に一度でも自分に借金があることを認めない、ということ。
たとえば、借金の一部を返済する、分割払いにしてもらう、返済期間を延長してもらう、といった行為はすべてこれにあたります。
その時点から、時効は数え直しになってしまいます。
また、金融機関が裁判で請求を行った場合も時効は成り立ちません。

この裏技は、借金返済がすべてゼロになるという意味では、もっともお得といえるでしょう。
ただし、個人信用情報に傷がつき、ローンやクレジットを利用できなくなることもあるので注意してください。

法律的な手続きが必要なので、まずは法律事務所などで無料相談をしてみましょう。

借金返済がどうにもならなくなった場合の裏技「債務整理」

借金返済の最後の手段として考えておきたいのが、債務整理です。

債務整理というと、財産が没収されたり、さまざまな権利を失ったりと、悪いイメージを持っている人も多いかもしれません。
でも、じつは借金返済を楽にするには、もっとも多くの人におすすめできる裏技でもあるのです。

債務整理には、次の4種類があります。

任意整理

債権者との話し合いで、毎月の支払いや利息などの返済方法を見なおします。
合意したあとは利息もなくなるので、借金の総額も減ります。

特定調停

簡易裁判所で、調停委員をはさんで返済方法の見直しを話し合います。
任意整理では話がまとまらなかった場合などに利用します。

個人再生

裁判所によって、借金を減額してもらいます。
利息だけではなく、元本もふくめて5分の1〜10分の1まで減らすことができます。
返済期間は3〜5年で、住宅ローンを残したまま利用することもできます。
ただし、5,000万円以内の借金返済にしか利用できません。

自己破産

裁判所に申し立てて、借金をゼロにしてもらいます。
金額制限もありません。
ただし、20万円を超える高価な財産は没収され、現金も99万円までしか手元に残せません。
また、手続き中は、おもに法律関係や金融関係などの一定の職業に就けません。

債務整理は、ほかの裏技とくらべてみても、どれも借金返済の負担を大きく減らすことができる方法ばかりです。
定期的な収入さえあれば誰にでも利用しやすく、金融機関からの督促もなくなるので、精神的にもかなり楽になるはずです。

ただし、個人信用情報に傷がつくため、ローンやクレジットが一定期間使用できなくなることは覚悟してください。
債務整理を考えるときは、まずは法律事務所に相談してみましょう。

借金返済の裏技は早ければ早いほど効果が高い!

このように、借金返済の裏技にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
経済状況をよく考えて、自分に合ったものを選んでみてください。

ただし、いくら裏技でも一時しのぎに使っているだけでは意味がありません。
ノーローンやおまとめローンで借金返済できそうならそちらを、それでも難しそうなときは債務整理も迷わず手段のひとつとして考えましょう。

借金返済は、遅れれば送れるほどダメージが大きくなるものです。
早い段階で整理して、身も心もすっきりしましょう!

うまく借金を返済するコツ

さて、借金返済の裏ワザはありませんが、以下では、借金による精神的負担を軽減させたり、上手く借金を返済するコツをご紹介したいと思います。

あなたは、借金のことで頭の中が真っ白になってしまい、何も考えられないという状態になりかけていませんでしょうか?

こうなってしまうと悪循環がはじまってしまいます。
悪いことばかりが引き寄せられ、精神的に追い詰められます。
最悪は自殺ということにまで発展してしまうケースもあるのです。

では、悪循環に歯止めをかけ。
そして、良い循環に持っていくためにはどうすれば良いでしょうか?

先ず、初めに考えたいことは、「効率的な返済」です。
あなたは効率的に返済ができているでしょうか。
効率的な返済とは、金利の高いものから優先的に返済を行う方法です。

いくら返済をしても、いっこうに元金が減っていかない・・・
これは、金利が高いからに外なりません。
毎月の定額支払が原則のリボ払いカードローンなどは、支払額の5割近くが利息分に充当されることも少なくありません。

これらについては支払い方法の変更手続を申し出て、1回の返済金額をできるだけ増やすことを考えます。
手持ち金額が3万円のとき、少しは手元に残しておこうなどとして1万円だけを返済に回すようでは、ダメ。
なぜって、利息だけを払っているのも同然だから。
これでは、いつまでたっても返済が終わりません。

多少の無理をしても通算の利息が嵩むものはなるべく速く完済する。
これがとても重要です。

希望を持つ方法

人間の心は弱いもの。

いっこうに借金が減らないとどうなるか?

そう、人生に希望を持てなくなってしまうでしょう。
人間、何が大切かというと、それは「希望」。
希望があるから頑張れるのです。

確実に借金が減っていく。
いずれ借金はゼロになる。
この確信が希望を持たせ、プレッシャーを押し返すことができるのです。

希望があれば、それに向かって生きて行けるのが人間であるなら、無理をしてでも早く返済してしまうことが大切です。

「え?無理?その無理ができないだよ!」

という方は、債務整理を検討しましょう。

債務整理により人生を再出発できた人は、少なくありません。
おそらくあなたの想像以上の数の人が債務整理をしています。

債務整理のやり方は簡単です。
まず、債務整理に強い弁護士や司法書士へ相談。
無料で相談に乗ってほしい場合は、以下のサイトを利用しましょう。

 ↓ 今すぐツールを使ってみる