大学生の頃、何となくカードローンに申し込みました。
エポスカードは審査も甘いので学生でも審査に通過。
限度額は10万円。学生と言う事もあり、すぐに満額まで借りてしまいました。

ここから落とし穴にハマりました。

限度額がすぐに増えていくので、50万円まですぐに到達してしまいました。
自分の心境としては、限度枠増額の知らせが来るたびに「使えるお金が増える」と錯覚してしまったのです。

服、ゲーム課金、飲み会代…とにかく「我慢」という言葉とは無縁に、使いたいだけ使う生活でした。
飲み会の時など、キャッシングして参加した事もります。

なぜそこまでしたかというと、自分の甘さはもちろんですが、「就職すればお金は安定する」という過信がありました。

ですが大きな失態を起こしてしまったのです。

就職活動に失敗し借金が100万円に膨らむ

就職活動に失敗し、フリーターになってしまいました。
すると、50万円の借り入れだと月々の返済額である20,000円が大きいなと感じるようになってしまいました。

学生の頃は「就職すれば楽になるから」と思ってあまり深く考えていなかったのもあります。
ですが就職に失敗し、フリーターとなりました。
しかもエポスカードはショッピング枠もありました。こちらも使い切ってしまったのです。

フリーターになって就職活動もそれなりにしなければならない。
かといってお金も必要。学生時代からお世話になっていたバイト先でのバイトは続けていましたが、就職活動のため、あまり稼げず。
すぐにでも就職が決まれば良かったのですが、なかなか就職が決まらず、ショッピングクレッジットと併せるとおよそ100万円。
月々の支払は40,000円となっていました。

こうなると、自分がどれくらい借金をしているのかさえよく把握出来なくなっていて、とにかく返すのに精一杯。
就職活動が忙しくてあまりバイトが出来ない時は、まさに「返しては借りて」の自転車操業。
これではなかなか借金も減らないですよね。

そんな時、セゾンカードに申し込んだんです。
厳密に言えばセゾンというよりも、ローソンのカードですね。
こちらにキャッシング機能が用意されていたので、キャッシング目当てで借りました。
フリーターではあったものの、セゾンはあまり審査が厳しくないので通過。

この時の自分の心境は「10万円もらった」というものでした。

返さなければならないお金でありつつ、もはや「臨時ボーナス」くらいにしか思っていなかったのですが、就職も決まらず、お金は返済と就職活動で消えるような状況。
「就職さえ決まればすべて解決する」と自分に言い聞かせつつも、セゾンカードも限度額が増えては借りてを繰り返し、セゾンカードの方は30万円まで借りてしまいました。

月々の返済額が12,000円になったので、都合、月々52,000円は返済に回していました。
更にスマートフォンの料金もあれば、卒業したんだから自分で払えと言われた国民年金。これらを併せると70,000円が必要でした。

でも就職活動もしなければならない…。

借金を作ったのは自分のせいですが、とにかく就職活動どころではなく、必死にアルバイト生活。
年金は滞納したり払ったりの繰り返し。
そんな状況で、もはや就職どころではなくなっている事に気付いたんです。

司法書士に相談で債務整理

そんな時、債務整理を行ったんです。
もう自力では限界だと思ったので、司法書士に相談したんです。

過払いはありませんでしたが、無利息での返済という事で、セゾン、エポス共に月々10,000円。
それまで借金だけで52,000円必要だったのが、月に22,000円になったんです。

司法書士への料金は60,000円程度だったと思います。
よく覚えていないのは、分割で良いって言われたので、月々5,000円ずつ支払いました。

結果、一か月に支払わなければならないお金が減ったのでアルバイトの負担も減り、就職活動の時間と資金を確保する事が出来るようになったのもあって、無事に就職も決まりました。

些細な事から始めた借金で精神的にもかなり苦しめられましたけど、債務整理が転機になって、今ではすべて返済し、中古車ですがマイカーも持っています。

債務整理により、どれぐらいメリットがあるのかを調べる方法