誰かにお金を借りる

誰かにお金を借りる時の言い訳には頭を悩ませますね。

親や兄弟、はたまた親友・・・
近い存在であるほど、頼み方に注意しなければ関係にヒビが入りやすいのも事実。

誰かにお金を借りる時の言い訳や頼み方には、実は『コツ』があるんです!

やむをえない事情で誰かにお金を借りることになった時の注意点も含め、詳しく解説していきます。

借金返済に苦しんでいる時の『ベストな解決策』も分かりやすく紹介します。

では、参りましょう。

お金を借りる時のオススメの言い訳

誰かにお金を借りる時のオススメの言い訳をまとめました。

ポイントとなるのは、『相手によって言い訳を変えること』です。
あなたがお金を借りようとしている相手は友人、または会社の同僚ですか?

それとも、お父様かお母様でしょうか。

では早速、見ていきましょう。

相手が友人の場合のオススメの言い訳

1・地元の家族を理由にする

祖父母や親が急病になった、または入院することになって入院費が必要になったなどの理由は、お金を貸してくれる可能性が高いです。

2・財布を紛失した

財布を落としてしまったり盗まれてしまい、お金が1円もないから助けてほしいと言い訳をすれば貸してくれる可能性は高いです。

3・先輩や上司の冠婚葬祭

世話になっている大学の先輩や職場の上司にまつわる冠婚葬祭を理由にすれば、「それなら仕方ないね」と理解してもらえる可能性が高いです。

相手が親の場合のオススメの言い訳

1・生活費が足りない

親の目が届く実家暮らしではなく、親と離れて暮らしている人なら誰でも使える無難な言い訳です。

2・冠婚葬祭が重なった

どうしても欠席できない結婚式や葬式が重なって、今月はピンチだからという言い訳です。
冠婚葬祭は人付き合いにも大事なことなので、理解してもらえる可能性は高いです。

3・お子様を理由にする

心が痛む言い訳になりますが、あなたにお子様がいるなら学校行事や授業料を理由にするのも有効です。
可愛い孫のためになるならと、協力してもらえる可能性は高いです。

相手が祖父母や親戚の場合のオススメの言い訳

1・親友や勤務先の冠婚葬祭

親友や職場関係の冠婚葬祭があってお金が必要だと伝えるのは、他のケースと同様に有効です。

2・親と喧嘩中

親と離れて生活している場合、親と喧嘩してしまって頼めないから助けてほしいと一言添えてお願いするのは効果的です。

相手が恋人の場合のオススメの言い訳

1・親や親戚を理由にする

実家の住所や連絡先を恋人に知られていない場合は、親戚に不幸があったから帰省する費用が必要などという理由は効果的です。

2・仕事関係の費用

半強制の社員旅行で一部の費用を負担しなければならないとか、研修費が必要だとか、仕事でパソコンが必要になったなどの理由は有効です。
あなたを愛する恋人なら、「仕事のためなら」と理解してくる可能性は高いです。

相手が職場の人の場合のオススメの言い訳

1・家族を理由にする

お願いする相手が職場の同僚や上司の場合、自分の家族や実家の両親、祖父母を理由にするのは効果的です。
冠婚葬祭や病気などは心が痛む言い訳ですが、やむを得ない事情として理解してもらえる可能性は高いです。

お金を借りる時の相手別注意点

誰かにお金を借りる時

誰かにお金を借りる時は、頭に入れておくべき大切な注意点があります。
相手別に解説しますので、是非覚えておきましょう。

相手が友人の場合の注意点

地元が同じ友人、または実家の連絡先を知られている親しい友人に嘘をついて借りるのは要注意です。

なぜなら、地元が同じということは親同士も顔見知りの可能性も高いので、嘘がバレて気まずくなるリスクがあるからです。

特に親や祖父母を理由にお金を借りる時のウソには注意しましょう。

相手が親の場合の注意点

頼む相手が親の場合は、心配をかけないようにフォローを忘れずに入れましょう。

親の存在は偉大なもので、無償の愛を注いでくれます。

本当に困った時に何だかんだ助けてくれるのは親ぐらいなものですからね。

だからこそ、過度の心配をかけちゃダメです。

例えば…

「たまたま今月は出費が多かっただけ」
「次の仕事決まってるから安心してね」

このような言葉を必ず添えましょう。

そうしなければ、親に多大な心配をかけてしまうことになります。

あなたが独身で親元を離れて生活しているなら、「生活できないなら実家に戻って暮らしなさい!」と叱られる可能性だってあります。

このように、相手が親の場合は生活苦アピールのしすぎはNGです。

相手が祖父母や親戚の場合の注意点

親戚に頼む場合は、大前提として頻繁に行き来のある人物に限ります。

なぜなら、ほとんど会ったこともない親戚には簡単に金を貸してくれない可能性が高いからです。

口が固い親戚なら良いですが、あなたに「金を貸してくれ」と言われて迷惑していると、あなたの親に言ってしまう可能性だってあります。

親に知られたくない場合には、そこはしっかりと「親に内緒にしてね」と約束した方が良いでしょう。

相手が恋人の場合の注意点

お金にシビアな恋人の場合だと、あなたが「お金を貸して」と言った時点で引いてしまう可能性があります。

あなたが仕事を持っている立場なら尚更でしょう。

恋人が結婚を意識して付き合っていたなら、「金の管理ができない人なんだ」と見られてしまい、ガッカリされるかもしれません。

近い将来に結婚する約束をしているなど、あなたと恋人の間に絶対的な信頼関係が築かれてるなら話は別です。

しかし、相手の本質を見極められていない段階で恋人に頼めば思わぬところで恋人の裏の顔を知り、互いに嫌な思いをすることになるかもしれません。

相手が職場の人の場合の注意点

絶対に口の軽い人物に頼んではいけません。

そのような人に「金を貸してくれ」と言えば、一瞬で職場内に広まります。

しかも、貸してくれれば良いですが、貸してくれなかったら単なる言い損に終わります。

他には、疑い深い人もダメです。

本当にお金が必要だったのか、事実関係を必要以上に探られる可能性があるからです。

口が固くて信じてくれる相手を選びましょう。

お金を借りる時の頼み方のコツは3つある

お金を借りる際の頼み方には3つのコツがあります。

是非とも覚えて頂きたいので詳しく解説します。

1.言い訳や理由の重要性

親友と呼べる間柄でも親でも、言い訳しだいでは断られます。
裏を返せば、相手に断られない言い訳や理由があれば貸してもらえる可能性は高くなります。

『本当に困ってるんだなぁ…』
『そのような事情なら貸そう!』

そう思わせるだけの言い訳は絶対に必要なんです。

2.どう信じてもらうか真剣に考える

どんなに良い言い訳を考えても、それを信じてもらえなければ意味がありません。

これまでの行いが良くなかった人なら尚更でしょう。
お金を借りるためには、まず大前提として真剣味を伝えることが必要不可欠になります。

当然ヘラヘラ笑いながらお願いする事ではありませんし、真剣な姿勢で挑まなければなりません。

3.今後の関係を維持する姿勢を見せる

誰かにお金を借りる時に最も注意しなければいけないのが、お金を借りた後の人間関係です。

お金のトラブルは人間関係を簡単に壊します。
時には一生かけても修復不可能な溝が生まれることだってあります。

そうならないように、きちんと返す気持ちがあることを伝え、その約束の証として借用書を書くのも良いでしょう。

貸してくれそうな人を選ぶことが原則!

お金を借りるお願いをするなら、貸してくれそうな人を選ぶのが原則です。
貸してくれる可能性が高い人の特徴は、以下の3つを兼ね揃えている人です。

・金に余裕がある人
・口が固くて人情味がある人
・金に困る辛さを良く知っている人

逆に言うと、以下のような人は頼むだけムダの可能性が高いです。

・あなたと同じように借金がある人
・お金があっても貸さない人
・絵にかいたようなケチな人
・外面がいいだけの人

基本的にケチな人は、自分へのメリットしか考えてないので金は人に貸しません。

この手のタイプは話のすり替えも上手いし理屈っぽいので、見返りを求めてくるので面倒くさい奴です。
延々と説教されたあげく、「結局は貸さないのかよ!」というのがオチ。
万が一貸してくれたとしても、あなたは一生下僕扱いされる可能性があります。

外面がいいだけの人間もダメ。
この手のタイプはいい格好しいなので、みんなが見てる人前では飯や飲み代をおごりたがります。
でも、人が見てない所で1対1のやり取りをした際には自分にメリットがないので、絶対に金は貸しません。

そして、『金』というものは時間と労力を使って生み出すものです。
つまり、『命』を使って稼いだものが『金』です。

それを借りるとなれば、よほど信頼関係のある人が相手じゃないと厳しいでしょう。
結局のところ、お金を借りることは簡単なことではないと覚えておきましょう。

お金を借りる時のNGワード集

基本的に、その場しのぎの薄っぺらな約束や、相手を不快にさせる言い訳は絶対にNGです。
お金を借りる時と、お金を返す約束で言ってはいけないNGワードをまとめました。

お金を借りる言い訳のNGワード

以下の内容は、普通は自分でお金を貯めてやるべきことなので、言い訳に使うべきではありません。

・エステ、脱毛、整形のため
・恋人との旅行や恋人へのプレゼントのため
・家を買うため
・車やバイクを買うため
・結婚式費用のため
・高級ブランド品の期間限定品をゲットするため
・ペットを買うため など。

お金を返す約束のNGワード

以下は、お金を返す約束をする時に言ってはいけないNGワード集です。
こんな不確かな約束では、誰も信じてくれないので言っちゃダメです。

・ギャンブルで必ず勝って返す
・株やFXで勝って返す
・いつか仕事決まったら返す
・遺産が入ったら返す
・離婚して慰謝料が入ったら返す
・仕事が上手くいったら返す など。

債務整理をすれば誰かに借金する必要はなくなる

お金を借りる言い訳が通用せず誰にも借りられなかったら、借金を早く返すために債務整理(さいむせいり)を検討するのがベストです。

なぜなら、誰かにお金を借りなくても借金問題を解決できるからです。

既に多重債務で、おまとめローンやカードローンの審査に不安がある場合は特に、早めに債務整理を考えるべきでしょう。
債務整理の中でも任意整理(にんいせいり)なら将来利息がカットされるので、高い利息や延滞金に悩まされることもなくなります。

何かある度に誰かにお金を借りるのも心苦しいものがありますよね。
人間関係を壊すのも嫌でしょう。

任意整理なら誰にも知られずに手続きできますし、誰にも迷惑をかけずに借金問題を解決できるのです。

その方法は簡単。

債務整理の経験が豊富な弁護士や司法書士に相談することです。

しかも!無料相談を行っている事務所もあるんです。
更に、費用は分割払いができる事務所がほとんどなので安心。

過払い金があれば、払いすぎたお金が戻ってくるかもしれませんよ。
任意整理の場合は、安定した毎月の収入があれば手続きできます。

まとめ

親や友人など誰かに

親や友人など、誰かにお金を借りる言い訳を考えるのは、とっても憂鬱な気持ちになりますね。

だらしない人間だと思われたくない…
心配をかけたくない…
人間関係を悪くしたくない…

様々な不安が頭をよぎります。

お金を借りることだけを考えるなら、平気でウソをつけるかもしれません。
でも、大切な家族や友人との関係を壊すことに繋がる可能性もある。

そんな思いはしたくないし頼めない…

そんな時は弁護士や司法書士に借金問題を解決してもらうのが一番です。
専門家に相談すれば、誰かにお金を借りる必要がなくなるのですから。