借金返済のために仕事

借金返済をするために、はたして仕事は増やすべきでしょうか?

また、効率良く稼げる仕事には何があるのでしょう。

この記事では上記の疑問について考察し、借金返済のためにダブルワークを検討した際の注意点も確認できます。

多重債務に陥った際に仕事を増やすことを考える人は多いですが、仕事を増やす以外の解決策も見てみましょう。

借金返済のために仕事を増やすべきか?

結論から申し上げますと、借金返済のために他に仕事を増やすことは現実的です。
そして有効な方法だと言えます。

しかしながら、それには『注意点』がありますので併せて確認しておく必要がありますので説明しましょう。

あなたが暮らしていく上で最も重要なのは、『収入と支出のバランス』です。

初めての借入をした段階では、「この金額なら払っていける!」と軽く考えていたかもしれません。

しかし、複数社からの借金(多重債務)ともなると、月々の返済総額がかなりの金額になり家計が圧迫される程になります。
借金前には普通に暮らせていたのに、今あなたの生活が苦しくなっているということは、収入と支出のバランスが完全に崩れている証拠です。

それを補うためには、借金返済ために他に仕事をして収入を増やすことが有効な方法だと理解できるはずです。
お金は天から降ってくるものではありませんし借金を周囲に内緒にしているなら尚更、自分で稼ぐしかないでしょう。

ダブルワークをする際の注意点

職場は副業がOKなのか

副業禁止の規則がある会社の場合、もしバレた時には減給などの処分や最悪は解雇される可能性があります。

法律に副業の定義というものはありませんが、多くの会社は副業を制限していますのでダブルワークを考える時には注意が必要です。

しっかり返済に充当できるならオススメ

せっかく稼いでも浪費したら意味がありません。

ダブルワークをすることで生活に余裕が生まれ、生活水準が狂ってしまうケースは良くあります。
副業する前は借金返済に必死で食べたいものや遊ぶことも我慢し、極限まで切り詰めた生活を強いられていたでしょう。

しかし、借金返済のために仕事を増やして経済的に余裕できてしまうと、つい心が緩んでしまう人が多いです。
返済に充てなくてはいけないお金を遊びや飲食代に使ってしまい、『リバウンド状態』に陥るわけですね。

その誘惑に負けることなく、増やした収入をキッチリ返済に充当することができるならダブルワークはオススメです。

体調を崩さないようにする

仕事を増やすことに専念するあまり、体調を崩すまで頑張りすぎることには注意しなくてはいけません。

何らかの体の不調に気づいていながら放置すれば、大病に発展することも十分に有り得ます。
深刻化してしまえば仕事復帰そのものが困難となり、メインの仕事にも支障が出ます。

収入は無くなれば借金返済どころではありません。

借金返済に適した仕事とは?

借金返済に適した仕事は色々ありますが、あなたの借金額により選択する仕事も変わってくるでしょう。

考えられる仕事をまとめてみましたので、見てみましょう。

日払いのアルバイト

手っ取り早く収入を得ることができ、いいお金が貰えるのが日払いのバイトです。

日払いのアルバイトだと、文字の通り『その日』にお金が渡されます。
工事現場や警備員といった日払いのアルバイトが一般的ですが、最近では色々なタイプの日払いのアルバイトが増えています。

本業の邪魔にならない時間帯の仕事

ほとんどの場合、本業は昼間の仕事になりますよね。
そのような場合は働ける時間は限られてきますので、夜間の仕事を選択することになるでしょう。
夜間の代行ドライバーや、パチンコ屋の清掃スタッフといったアルバイトもあります。

ライティング

あなたが人間関係を築くのが苦手なタイプなら、昼間の本業だけではなく副業の職場でも気を遣うのは面倒に感じるでしょう。
そのようなタイプの人には、ライティングという方法もあります。
ライティングとは、ザックリ言うとインターネット上で使われる記事を書く仕事です。
自宅にいながら稼げるというメリットがありますが、長文を書く仕事ですし記事を書くためには情報収集は必要不可欠です。
しかも、必ずしも自分の得意分野の仕事が転がってるとは限りませんのでタイミングによりますし、安定した副業とは言えないかもしれません。

時給の高い仕事

時給の高い仕事と聞かれてパッと頭に浮かぶのは、やはり夜の仕事です。
夜の仕事といっても様々な職種があります。
一緒にお酒を飲むだけのアルバイトもあれば、それ以上のサービスを提供しているというお店もありますね。
借金を返済するために仕事を増やしたいという固い決意があれば何だって我慢ができるかもしれませんが、簡単なことではありません。
このような仕事が苦手な人は色々な意味で我慢しなければいけませんが、昼間の仕事と比較すると格段に時給は高いです。

酪農や農家、漁業関係のアルバイト

あなたもご存知の通り、酪農や農家、漁業関係の仕事はとても大変な仕事ですが、その分いいお金が貰えます。
やりがいもありますので、気持ちもリフレッシュできる上に日給が貰えるんです。
休みを利用して行けるほど近くに、このようなアルバイトできそうな恵まれた環境があればラッキーですね。

短期でがっつり稼ぐなら期間工という選択肢も

期間工という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、短期で確実に稼げる仕事です。
電気製品や自動車の部品に関わる工場などで働く仕事です。
短期で労働契約を結んで集中的に働くため、それが許される状況でないと難しい方法ではありますし大変な仕事ですが、着実に稼げます。

現在の仕事だけで借金返済したいなら債務整理も方法を視野に入れる

現在の仕事だけで借金返済

借金を返済するために仕事を増やすことが難しい状況に置かれている場合は、債務整理を検討すると良いでしょう。

ダブルワークと言っても、生活環境や家族構成、家庭の事情などによって難しい状況だってありますよね。
借金返済のために仕事を増やしたいと思いながらも、それが実行できない状況なら司法書士や弁護士に相談すると解決策を提案してくれます。

債務整理を専門に扱っている司法書士や弁護士は、お金の計算のプロです。

あなたの現在の収入で債務整理したとすれば、どれぐらい借金を減らせるか、どうやって返済していくか全て計算してくれます。
また、債権者(貸金業者)との交渉も全て行なってくれますので、あなたが直接交渉する必要もありません。

返済できずに催促の電話やハガキ、封書 が届いて悩んでるなら司法書士や弁護士に依頼すれば取り立ても止まりますよ。
早ければ依頼した日に『受任通知』というものを債権者に発送し、到着した時点で債権者は取立てが出来なくなるからです。

費用については分割払いが可能

専門家に依頼するかを迷う理由として一番気になるのは『費用』についてだと思います。

しかし、この点についてはご安心ください。

なぜって、あなたが金銭的に損をすることは、ないからです。

もちろん悪徳弁護士に相談した場合は、損をするでしよう。
でも、実績のある専門家に相談した場合、あなたは損することはないのです。

例えば、今からあなたが専門家に電話かメールで相談してみたとします。
すると専門家は、あなたの場合どれぐらい金銭的メリットが出るのか?
これを計算してくれます。

結果、メリットが少ないと感じれば、相談だけなので無料。
反対に、弁護士費用を払ってもメリットの方が大きいときだけ依頼すれば良いのです。

また、債務整理をするとなった場合の弁護士費用については、分割払いができるということをご存知でしょうか?

債務整理を引き受けてくれる事務所のほとんどは、この『分割払い』に対応しています。
ちなみに、司法書士や弁護士に依頼した際の費用と各業者への返済が被ることはありません。

といいますのは、依頼した費用を分割で払い終えてから専門家と債権者が交渉するので、借金の返済開始は交渉が終わってからになるからです。
逆に言うと、費用を分割で払っている最中は各貸金業者への返済は一時的に止まるということですね。

無料相談では何を聞かれるの?

無料相談では、正直に現在の状況を詳しく話す必要があります。

債務整理の相談をした際に聞かれる一般的な内容は以下の通りです。

・あなたの名前と電話番号
・あなたの現在の収支状況
・何社から借りているか
・借り入れをした時期
・毎月いくらずつ返済しているか
・滞納している業者はあるか

聞かれる内容は主に上記の通りで、借金理由までは聞かれることはないので安心しましょう。

また、任意整理であれば家族に内緒で行うことが可能ですし司法書士や弁護士は 秘密厳守で対応してくれます。

ただし、個人再生や自己破産の場合は必要書類の関係上、家族に隠し通すことが難しいことだけは覚えておきましょう。

まとめ

借金返済をするために仕事を増やす

借金返済をするために仕事を増やすことは有効な方法だということ、そして注意点も十分に理解していただけたと思います。

まず第一に考えなくてはならないのが、長い目で見て確実に借金を返していける方法です。

借金を返すために仕事を増やして無理をしたい気持ちは分かりますが、健康あってこその仕事です。

もしも仕事を増やすことも難しく、膨らんだ借金に首が回らない状態になっているなら、すぐにでも弁護士や司法書士に相談するべきです。